Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

子育て・教育

引退をかけた白熱の試合!高3インターハイ予選

 

負けたら、即引退。

 

この設定が、見る側にも、戦う側にも、普段と違う緊張感と興奮を呼び起こす。

それが、高3のインターハイ予選。

独特の雰囲気が漂う、特別な試合なのです。

 

今日、青空の下、我が子も燃え尽きました。

 

敗退したので、これでうちの子の高校の部活は終了。

 

お疲れ様。

 

よくがんばったね。

 

 

 

この季節、様々な競技でのインターハイ予選が続々と行われています。

 

野球はまだですが、他のスポーツは次々と開催されて、勝ち上がるチームと敗退するチーム、入り乱れて

それはそれは盛り上がってます。普段の試合とは比較にならない。


 

強豪校も、弱小校も、それなりにがんばってきた子たちは、先輩や仲間、先生、保護者など、

普段より多くの熱狂するギャラリーの前で、必死で最後の輝きを放ち、周囲に熱狂の渦を広げます。

 

ほんとうにキラキラ。

 

キラッキラなんですき

 

画像にすると、こんなんでしょうか。

 

 

それはそれは美しくて、ここの世界だけがこんなに輝いていていいんだろうかって思います。

 

 

3年間、いろんなことを乗り越えてよくがんばった。

 

 

スポーツでなくても、途中で道を変えても。同じことは言えるけど、

なんか、スポーツとか、なにか勝敗があるものって解りやすい気がするのです。

 

目標に向かって、走ったことのある人、がんばった人にしか味わえないなんとも言えない気持ち。

 

とにかく、若さで輝く高校生たちのきらめきの前に、大人は圧倒されます。

力強く弾けて、きらめく。

 

ほんと、親にはご褒美です。

 

普段熱心に応援観戦してるわけではないのに、

こんな美しいものを見せてもらえて、一喜一憂して、感動しまくりで。

 

できるなら、全試合みたいし、我が子が関係しないほかのスポーツ、大会も応援したいです。

正直行く前は面倒だけど、行ったあとは毎度感動しちゃいますね。

勝っても負けても、ほんとうに素晴らしい清々しさと煌めきを放つ若いオーラ。

 

色々、スポーツについての醜聞がありますが、勝ち負けだけが全てではないのが、本来のスポーツの醍醐味。

学生の部活としての、あるべき姿ではないかと思います。

 

綺麗な思い出ばかりではないけど、噛みしめるほど味が出る最高の経験。

 

途中でビデオ撮影をやめて、応援というか、お祈りに専念してました。

手を合わせて声にならない声をあげ続けまくり💦

 

最後のシュート、一点差まで迫って、ばしっと決まったのに時間切れでノーゴール。

劇的幕切れ。

 

 

終わったあと、がっくりと膝を落として、挨拶時には目を真っ赤にしてた。

あんな顔、初めて見た。

 

 

夢中で心のシャッターを切って、私の記憶に焼きつけた。

 

 

一生、消えないように。

 

一生、この瞬間を忘れることはない。

 

 

宝物です。

 

ありがとう。

 

こんな素晴らしい経験をさせてもらえて、私はなんて幸せなんだろう。

 

 

さ、次のゴールに向かって、スタート。

 

 

 

 

 

  • 2018.05.20 Sunday
  • 20:53

子育て・教育

頭髪検査でツーブロックがひっかかった!?時の裏技的対策

 


ピンチ!頭髪チェックにひっかかった


 

学校の頭髪検査で自慢のツーブロックがひっかかった!

 

そんなとき、どうやって制裁を逃れるか?

 

今日は実際にうちの子が難を逃れたテクニックをご紹介します。

 


制裁をなんとか逃れたい


 

日々おしゃれに気を使っている男子学生諸君にとって髪型は死活問題。

故意に違反承知でのツーブロか、はたまた美容師の裁量で勝手にツーブロ風にされたのか?

 

そんなのおかまいなしに、学校の生活指導教諭に目をつけられてしまったらアウト!

丸坊主?短い部分に合わせて全部刈り上げ?停学?親呼び出し?

 

どれも嫌ですよねー。

 


こんな裏技で、見事制裁回避に成功!


 

苦しまぎれに編み出した裏技。

 

それは

 

マスカラで伸ばす!

 

 

 

マスカラとは女性がまつげを長くしたり、太くしたりするのに使うやつです。

こうゆうの↓

 

これをツーブロックの極端に短く刈り上げた部分に塗ってあげるのです。

こーんな感じ↓↓

 

要するに、ツーブロックの短い刈り上げが気に入らないという部分だけの問題ならば、その部分の髪が伸びればいいわけです。

しばらくたてば伸びるのですが、それまでの間、段差の部分が目立っていきがってる感じがよろしくないというのですから、ではその部分が短くなければいいのです。

 

だったら伸ばしてあげましょう!

 

マスカラって、元の毛一本一本に繊維を付着させ、ながーく伸ばしてくれるんです。

3ミリくらいなら余裕で伸ばせます!コマーシャルとかでもよくやってますよね。

びよーんって。

 

しかもお湯でオフ!

 

ってのもあるので、特にメイク落としも必要ありません。

でもこすっても落ちません!

 

ブラボー!

 

マスカラってすごぉい威力なんです!

 


マスカラは短い毛を長く偽装する達人です!


 

うちの子はサイドの刈り上げ、2ミリでアウトをくらいました。

本人いたく気に入っていたのですが、指導教諭に見つかってしまい、

「全部揃えて短くしてこい。従わないなら特別な制裁実施」とのお達しがぁ〜。

 

美容師に相談すると、1週間もたてばめだたないんですけどねぇ〜と困惑。

ほぼ坊主に近い感じになりますよって、言われました。

 

伸びるまで学校休むとかほざくうちの子。

全くアホです。

 

うちの子はスタイル自体は、普段とどおりなのですが、普段より刈り上げがかなり短くなったので、

サイドの長い部分との対比が目立ってしまっていたのでした。

 

 

なので、そこさえ伸びれば目立たない。

ってことで思いついたのはマスカラ。

 

短く刈り上げたサイド部分にだけ塗布してみると、面白いように毛が長くなっていつも通りに!

 

 

それで恐る恐る登校してみると、

 

 

先生も「??」

「まぁ、このままでも大丈夫そうだな」との返事。

 

 

見事制裁をクリアしたのです。

 

 

2、3日ほど塗って、あとは普通にやりすごせるようになりました。

最初のインパクトさえクリアできれば、先生も気にならないようになったようですね。

 


お湯で落とせるタイプが便利です。


 

お湯で落ちるタイプを使ったので普段どおりのシャンプーで綺麗に落ちます。

バリバリの刈り上げで出かけたければ、お湯で洗えばギンギンのツーブロ復活。

 

登校時はマスカラで1分ほどの細工で完了。

特にテクニックは必要なく付属のブラシで短い毛をなぞるだけです。

 

一本1000円前後で、再度美容院へいくより経済的で助かりました。

 

お湯で落ちるマスカラ

 

うまく制裁回避できるか保証できませんが、緊急事態にお悩みの方は参考にしてみてくださいね。

 

 

  • 2018.01.12 Friday
  • 11:28

子育て・教育

都立高校に地毛証明書と写真、提出しました。


地毛証明書と写真2枚、高1で提出


 

これ、うちの子も書いたやつです。

「東京の都立高校の約6割が、生徒が髪の毛を染めたりパーマをかけたりしていないか、生まれつきの髪かを見分けるため、一部の生徒から入学時に「地毛証明書」を提出させていることがわかった。勘違いによる指導を防ぐ狙いがあるが、裏付けのために幼児期の写真を出させる例もあり」

 

都内某公立高校で、1年生のときの、夏休み前くらいでした。

もう少し早かったかなぁ?でも入学時ではなかったです。

 

担任の先生から電話がきまして。

「髪の色が茶色いですが生まれつきですか?」

「染めたりしてませんか」

 

などと聞かれ、

 

「すみませんが「地毛証明書」を提出の上、幼少期の髪色がわかる写真を提出してください」と言われました。

そして、「中学のときはなにも言われませんでしたか?」とも。

 

もちろん、なにも頭髪の色についてはなかったです。

 


それはそれは綺麗な茶色なんです


 

まっ茶色ではないですが、いい感じの茶色なのです。

なので、益々怪しまれたのかな。

 

幼い頃はもっともっと明るい色で、さらっさらの外人みたいな見事に美しい栗色の髪でした。

光に透かすと金髪に近い。

もう可愛くて可愛くて、そんな中からとっておきの可愛い写真を選んで学校に提出。

「写真は返してもらえますか?」と聞くと

 

「返却できるかわからないので、なるべくいらないやつを」

との返事。

 

いらない写真なんてないわ!と思いつつ、ほどほどの写真を2枚ほど提出しました。

 

 

どっちも輝くような栗色の髪の写真。

私は一人でうっとりして、先生もメロメロになってしまうに違いないとほくそ笑んでました。

アホ親!!

 

なんか面白くて、あちこちに証明書提出の話をしましたね。

しかも誇らしげに。

またもアホ親!

 


多様性こそ発展の鍵。


他の方の体験談をみると、皆さん結構腹立たしいようで、怒りのコメントが多いのに驚きました。

嫌な思いをされてる方が多いのですね。

 

 

ただ、もしこれで黒く染めろと言われたら頭に来たと思います。

主人とともに、学校に戦いにいきますね、間違いなく!

冗談ではない。

 

なので、黒染めを強要されたというニュース

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-…はショックでした。

 

そういう学校、どんどん公表して改善されていくべきだと思います。

これから外国人だって、混血の人だって増えていくだろうに、どうかしている。

多様性こそ発展への道。

 

よい方向へ、より多様性を認める社会に、まずは学校から変貌していって欲しいですよね。

 


中学校の謎の指導。


 

余談ですが、中学校の時の頭髪エピソードです。

 

うちの子、普通にカットしているのですが、髪が立ちやすい子でした。

すると、学校の教育指導の先生から

 

「髪の毛が逆立っているので、整えて登校してこい」

とかいう指導をされました。

 

ちなみに中学も都内公立。

 

今思うと、これも笑えます(⌒-⌒; )

 

朝、起きたままの状態でいくと文句言われるんですから。

部分的寝癖じゃなく、ただ全体的に立ってしまうだけ。

元気な男の子は、髪の毛も元気に全部逆立ってしまう!

びっしょり濡らすでもしないと、ペタッとならないのに。

 

ワックスでもつけろというのでしょうか??

ちゃんと整えるセットってどんな?

むしろおかしいでしょー?

 

と思い、特になにもしませんでした。

でも子供はしつこく言われてたようです。

 

今となっては、毎朝念入りにワックスだのスプレーだのつけてドライヤーに濡れタオル。

見事に髪型決めて登校してます。

 

自称「さりげないセット」

 

がんばってね♪

 

 

 

  • 2017.10.27 Friday
  • 13:52

子育て・教育

高校の卒業式に行ってきました。

 

3月のこの時期、花束をもった卒業生の姿を街でよくみかけます。

うちも無事卒業式を終えました。

もう高校生なので特に感慨もなく、出席もしなくてもいいかと迷いましたが、もうあと何回もないしと思いとりあえず出席。

 

 

平日なので思ったより空席が多かったのですが、ご夫婦で出席されてる方も多く晴れやかな雰囲気。

 

席について待っていると、ほどなく卒業生が入場してきました。

 

 

あっというまに目頭が熱くなって泣きそうに。

 

 

なんと涙もろくなったんでしょう。。。。我ながらびっくりです。

 

一人一人の子供に、力一杯拍手を送らずにはいられません。

おめでとう、おめでとう・・・お、おめでとぉぉぉ!!

よく頑張ったね!そう声にならない声をかけ続けてました。

なんなんでしょうね、もうおばさんはこれだから。。

 

行く前はいつもめんどくさいと思うのですが、行ってみるといいものです。

無事に卒業させていただけて、本当に感謝。

 

長男の幼稚園の卒園式のときに新調した私のスーツ、もう何回着たんだろう。

太ってしまってあちこちキツく感じますが、なんとかまだ入りました。

 

高校時代は学校と接触がなく、我が子以外のほんの数人しか顔がわからないのですが、結構みんな顔つきやヘアスタイルが似ています。今時の流行りなのかなぁ〜なんて思いつつ、一人一人眺める。

みんなオシャレですね、男の子も女の子も。

余裕があれば全員のビデオ撮りたいくらい。

 

一つ気になったのは、卒業証書授与時の女子のスカート。

みんなめっちゃ短いのです。

 

特に風紀の乱れた学校ではないんですよ?真面目な学校ですよ?だけど、どうにも女子のスカートが短くて、とりあえずお尻は隠れてるけど、って長さにびっくり。

 

卒業証書を受け取りに壇上にあがり、受け取るときは礼をするのになぁ。

 

まぁ、実際見えそうで見えないけど、保護者はハラハラしちゃいます。

見事にみーんな短いので、こういうもんなのかって特別感はないのですが、大丈夫かしらとおばさんは思っちゃいます。

女の子ママに見えても差し支えないようなものを着用するって聞いたことがありますが、やっぱりドキドキする〜!

 

今時はどこもこんな感じなのかなぁ???

 

なんて色々思ってるうちに、祝辞が次々披露されて、閉会。

退場する子供たちにまたまた割れんばかりの拍手を送ります。

 

入場時と打って変わってみんなリラックスした顔してにこやかに歩いていきます。

やはり緊張してたんだね〜。

良かったね、無事終わって。

あとはそれぞれ写真とったり、打ち上げにいったりと、お楽しみが待ってるんだものね、そりゃ笑顔もこぼれるね。

 

どんどん成長していく我が子を誇らしく思いつつ、巣立ちが近いのを寂しく思う今日この頃です。

 

 

 

  • 2017.03.10 Friday
  • 14:48

子育て・教育

高校で遅刻すると、どうなるか

 

長男は私立高校、次男は都立高校に通っております。

長男はほぼ遅刻しませんが、下のはよく遅刻するのです。

 

遅刻した場合の対処は、学校によって違うのでしょうけれど、あまりに対照的なので驚きます。

 

 

 

まずは、長男の通う私立高校。

 

→学校生活の記録に「遅刻」と記入されるだけ。

特に何回あったら罰とかいうペナルティはなし。親にも連絡なし。本人もお咎めなし。

 

なのでお気楽に遅刻可。ですが、登校するべく、朝家を出たにもかかわらず学校についていなかった場合なども全く学校は関与しないんだそうです。女の子のお母さんが保護者会で質問した際に先生がはっきりと返答してました。保護者全員固まりました^ ^。

何かトラブルにあっていても、わからないということだそうです。心配なら、事前に登校確認メールを親子で決めておくなどの対処をしてくださいとのことでした。

 

なかなかの徹底した放置です。

 

 

 

対して、次男の通う都立高校。

 

→遅刻すると、担任の先生から電話がかかってきます。3回遅刻で、一ランク上の指導が入り、本人に早出のペナルティが課されます。それの上はどうなるか、今のとこわかりません。

 

本人に罰はガンガン与えてくださってウエルカムなのですが、毎度保護者に電話って結構なものです。正直先生も面倒臭そうでした。

ですよねー、高校生にもなって遅刻しましたって電話しなきゃならないって。

 

そんな親と教師の「なんでだよ」の思いをよそに本人が一番ひょうひょうとしているし。そもそも悪いと思ってない。

 

都立高校だから、どこの学校も同じような指導をしているのかな?

それともうちの学校が厳しめなのかな??

 

 

まぁ、遅刻しないにこしたことはないけれど、同じ高校でもこんなに違う対応なのかとしみじみ思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

  • 2016.12.19 Monday
  • 10:59

子育て・教育

インターハイ予選で敗退


昨日インターハイ予選の試合があり、敗北した息子は3年間の競技生活を終えました。


夏を前に引退試合となりました。
この週末は色んな競技のインターハイ予選があったようですね。

そして、どの会場でも部活のOB,OGそして保護者、後輩などで激しい応援合戦が繰り広げられていて、
それはそれは盛り上がっていました。


強豪校はもちろん、弱小校だってすごかった!
一生懸命やってきた成果を惜しみなく発揮すべく、どれもめっちゃ気合の入った試合をみせてくれました。

そして、敗北者はみんな涙にくれていました。
その姿をまじかでみて、もう涙腺崩壊・・・・
何度ももらい泣き。

どの子もほんと、抱きしめたくなりました。せめて一声かけたかった・・・

高校生なんて、ガタイはでかいし、生意気そうで、最近のガキはどこかチャラチャラした感じのやつも多く、さらっとみると
イラっとすることも。特に私のような親世代で、鬼のような体育会系部活でしごかれた経験をもつ人はなんだかな?と思うこともしばしば。

でもでも

一生懸命やっている若者の姿はほんと眩しくて、キラッキラです。
ひたすら感動して、感激して、見ず知らずの子たちに他人とは思えないほどの感情移入しまくり。
本人たちにはわからないんだろうなぁ、自分たちがどれほど眩しい輝きを放っているか。
それがどれだけ貴重なものか。年とると敏感に感じ取れるようになるんですよねぇ。


そして自分ちの子。


普段から熱心に部活の話をしていましたが、部活の人間関係は微妙なようで。
でも、笑顔で仲間を励ましている姿をみて、取り繕う術も覚えて大人になったんだなぁ、って思ったりしました。


そして、最後の時が訪れ。

試合の途中だというのに、感極まって真っ赤な顔で叫びながら泣きそうになっている息子の顔。
本人は気づいてないのかな??
でも、周りじゅうの人は気づいていて、空気が一変しました。
凄まじい気迫と鬼気迫る叫び。


私は息が止まりそうでした。


そして敗北。


彼は私に一瞥もくれず、会場をあとにしていきました。

私は、顧問の先生にお礼をいって帰途に。
電車の中で目深に帽子をかぶって、一人静かに泣いていました。


なんでもなさそうな風に帰宅した息子ですが、相当つらかったと思います。彼もどこかで号泣したんじゃないかなぁって勘ぐっています。

悔しくないわけがないし、後悔がないなんて口が裂けても言えません。

でもやりきって燃え尽きたのは確かです。
明日のジョーじゃないけど、真っ白な灰になってくのが見えるようだったよ。


よく頑張ったね。


よくやりきった。


厳しい環境で部長職を全うし、競技人生を全うした君はすごい。
辛かっただろうけど、得たものも大きかったと思ってます。


お疲れ。

さぁ、次のステージへ。






 
  • 2016.05.30 Monday
  • 15:27

子育て・教育

子供の部活の選択にモヤモヤ


子供の部活の選択に親が口出しをするなんて、言語道断。
とんだバカ親!



ええ、私がそのバカ親です。


そしてそのバカ親、めっちゃモヤモヤしちゃってます。
はぁ・・・。


高校生になった息子が帰宅部になりそうで、めまいがしてます。スポーツ大好きな子で、幼稚園、小学校ともサッカー、水泳などやっておりました。中学時代は3年間バスケ部に所属、頑張ってたし部活の仲間と本当に楽しそうにやっていました。でも高校に入ったら続けるかどうかはわからない、と言っていたので、それはそれでいいと思ってました。別のことしたい、そりゃそうだ。バスケは好きだし続けたくもあるけど、休みが全くない生活じゃ中学と一緒でつまらないかも。そんな感じでした。


まぁ、もう高校生だし自分でよく考えて結論だね。私もそう思って放っておきました。文化部でも運動部でもなんでもどうぞ、と。


ところが


部活紹介や体験入部をして、まさかのバスケ部入部宣言。すぐ提出書類書いてと言われ、入部届けに署名捺印、新しいシューズやウエアを欲しいというので入学祝いの一環で買ってあげました。3年間、まぁもたなくてもいいけど、頑張ってと心から応援。

ここまではよかったんです。


練習にも順調に参加していたんです。なのに、数日後「昔の友達にフットサルに誘われている。入ろうか迷ってる」と。

ええ??正式入部って言ったじゃん?書類提出済みじゃん?一式買ったじゃん?

まさか今更そっちはないだろ、と思っていたらあれよあれよと言う間にそっちに入会。一般のチーム(といっても同級生だけですが)なので、もちろん色々有料。ユニホーム類はもちろん、保険、施設使用費、試合参加費。。。入りたきゃ自分で全部だせ、と言ったら入学祝いなどで貯めたお金を使ってやると。足りない分はバイトすると。

いいんですよ、別にね。

そりゃぁ色々買わされたしコロコロ意見変えて腹は立つけど、昔の友達も大事だし、新しいチャレンジは楽しいでしょう。今の友達が一生続く友達かもしれないしね。外部団体も悪いとは思ってないです。サッカーも大好きだったし。

じゃぁ、何が一番許せないかっていうと、所属する学校で溶け込もうとしないこと。まだ一ヶ月しかたってないのに、もうどうでもよくなっちゃってなげやりな態度。そこに一番苛立ちます。一緒にフットサルする子たちはみんなそれぞれの学校で部活なり、同好会なりにすでに入っていて、空いた日に一緒にやる感じです。でもうちのは他の部活もなにもなし。バスケはやっぱ休みがなさすぎるからヤダといい、他の部活はフットサルの練習日があわないといい、合う日程のものはつまらなそうって。じゃぁ、なんでバスケ部入部届けだした?やったらやっぱり楽しかったからじゃないの?本当はやりたかったんじゃないの?声かけられなかったらあのまま入部していたのじゃないの?そう思うとモヤモヤがとまりません。


全員強制部活入部の学校なので、とりあえず超ゆる活動実績なし部に入部し、幽霊部員で帰宅部。で、お金かかる外部団体に所属し、週1日だけ運動、たまに有料の試合。で、あとはバイトいっぱいして遊びまくりたいって。。。


ふざけんな。

ぜってーふざけんなだよ、これ

高校生にもなって親が干渉するなって、これで文句言わずにいられるか!


ってのが今の正直な私の気持ちです。

新しい学校でみんな友人関係も変わっていくだろうし、新しいコミュニティを作っていくほうが有意義。どう考えたって充実した学生生活になる。今一緒にいる中学の仲間だって、少しづつ新しい仲間との時間を増やして、古い仲間との距離は確実に離れていくでしょう。それで、学校の授業時間だけでは、友人たちとの距離は中々縮まらないでしょう?そんなことないのかな。



ある程度の縛りがあってこそ、自由な時間って満喫できるもの。いつも暇だと確実にフットワーク重くなるし、何をしても面白みが薄くなる。普段の適度な束縛があってこそ、たまに味わう自由の楽しさが倍増するものです。



バイトも意義がないとは言わないけど、これから大きくなって働かなければならない日々が必ずくるのに、なぜ今?校則やぶってまでバイトし、小額を稼いで少しの贅沢をしたところで、なんの意味があるのか?高校生ができるバイトなんか大したものないし。生活に困っている苦学生なわけでもないのに。


とまぁ、マイナス面ばっかり次々浮かんできます泣き



いい面、プラス面はというと・・・。

仲間同士で新しいチームを作って、新しいことにチャレンジするってのはワクワクするでしょうね。
でもそれ以外には何にも思いつかない。

あぁ・・・・誰かプラス面、もっと教えて欲しい。何かあるのでしょうか?

どんなことであれ、本人が心から良いと思って選択したことは正解であり、それは必ず本人にとって必要なこと。今はわからなくても、それがたとえ失敗のようにみえたとしても、本人にとって必要な経験で、そこから学び取るものが必ずある。そしてそういう経験を通して本当に大切なものや、自分が望んでいるものがはっきりと見えてくる。本人にとって必要な経験をさせるべきである。望む経験をさせるべきである。みかけが失敗でも成功でも、黙って暖かく見守り信じてあげる。必ず良い場所へたどり着く。そのための道筋にそって歩いているだけだと。


そう、自己啓発本には書いてあります。

上の子の時にも、そういう失敗談、山のようにありました。その通りなんです。その時その時の状況に惑わされず、成長の過程と見守ってあげることが親の役目。ですよねぇ。そうあるべき。どんと構えて彼の経験を見届けてやるのが大事。口出しは親のエゴ。

わかってる、わかってちゃいるけど・・・・。


モヤモヤするぅ〜

めっちゃモヤってます。

 
  • 2016.05.13 Friday
  • 10:41

子育て・教育

保育園の騒音


最近ニュースになっていた、市川の保育園開設問題。
色んな報道がありましたが、

そういえばうちって目の前保育園!

ということで、実際に保育園目の前にあるということが、どんな感じか書いてみたいと思います。

うちの前、細い道を隔てて3階立ての保育園が立ってます。
忘れもしない2011年の震災時に工事をして、屋上に小さなプール施設とガーデニングができる庭ができました。
きれいな認可保育園で倍率高いです。ちなみに昔私も入ろうとしましたが、待機人数を聞いて断念。
屋上にロープを渡せば、ベランダから1秒で到着!上手にやればジャンプして飛び移れそうな距離です(^^;;。
時折手を振りたくなりますが、不審者と思われそうなのでやめてます。

窓を開けていても閉めていても、園児の声はいつも聞こえてきます。
キャーキャーいう歓声や、大きな泣き声、それをたしなめる先生の声。
歌声とかは全然聞こえないですね。部屋の中の声は聞こえないみたい。

正直、日常でうるさいと思うことはほとんどないです。
自分が10年間、がっつり専業主婦をして子育てしたので、拒否反応ゼロ。
もし、子育て経験がなく、子供嫌いだったら違ったかもしれません。
私自身子供苦手でしたから、そういう人にとっては聞こえ方違うのわかります。

天気のいい日に聞こえて来る子供の声は、ほんと小鳥のさえずりのようにここち良いです。
断じて嘘じゃないですよ!泣いたり、笑ったり、暴れたりして健全に感情を発散できてるなーって安心します。
夏のプールに大興奮の子供の声と、負けないくらい大きな声の保育士さんの声。なんだか幸せを感じます。昔を思い出して懐かしいし。



ただ、正直運動会の練習時はちょっとうるさいと感じます。

音楽に合わせた練習が結構あるので、スピーカーで響きわたるのが長い時間続くと、正直やかましい!
先生も拡声器使って指導するし。毎年早くおわれーって思います。
当日は以外とワクワクします!ただ当日だけじゃなく、長い練習期間があってそれが苦痛ですね。
でもマンションにも事前にお詫び?の張り紙がされるので、苦情いう人もいないですが。


あと一番やだったのが、虐待?と思わせるような泣き声。
今でもはっきり覚えてます。あれは嫌だった。
我慢できず、思わずベランダから覗き込みました。

そしたら

母親が泣き叫ぶ子供の口に、暴言を吐きながらおにぎりを突っ込んでいました。
そう、泣き叫ぶ子供の声と母親のひどい罵声。園庭で長時間それをやっていたのです。
それは怖かったです。。。朝の保育園はバタバタしているし、母親にごねて泣いている子もよくいますが、その時は異常でしたね。
その後みないので、見学が何かだったのかな?色々事情があってのことなのでしょうが、受け入れ難かった。

保育園の送迎に伴うトラブルは、あまりないですね。やはり違法駐車は時折あって、パトカーきたりしていました。
でも、園側も色々対処して下ったのでしょうね、ひどい駐車で道がふさがれるってことはないです。
朝はいいですが、夕方は帰りたくない子供と親のバトル。まだまだ遊びたいのでしょう、道路で走り回ってる子もいます。
危ないな、とは思いますがみなさんきちんと注意しているようで、うちのマンションの敷地に侵入して来る子もいませんし、
適度に切り上げてうまくやってます。ママ集団で立ち話もあまりみかけません。気を使ってくれてるんですよねー。
とてもマナーいいです。なんか手伝ってあげたくなります。
格安で園内のシステム化してあげたい(^^;; 雑用手伝いましょうか?



この辺は幼稚園でも、保育園でも、送迎ママの井戸端会議は少ないです。私自身も幼稚園の送迎時に最初に伝達されました。
近隣マンションの住人から苦情がくるとこのことで、速攻解散が義務づけられて厳守してましたね。
報道に対するコメントでも、送迎ママのマナー違反に対する指摘多いですよね。住宅の密集度にもよるんだろうなぁ、それ。
本当は色々おしゃべりしたくてたまらなかったんですけどね、貴重な情報交換の場ですから。でも我慢してました。
都内はマナーに厳しくなってきているような。徐々に広まっていけばいいなと思います。





 
  • 2016.04.18 Monday
  • 10:56

子育て・教育

都立高校入試の内申点。公平か不公平か?

 


内申点ってこんなにいい加減だったとは



我が家の都立高校受験、終了しました。
無事、都立高校に合格き




ほんとうに良かった。よく頑張った、うん、偉いぞ息子よ。
よくあんなズタボロの内申にめげずにやりきった!

ということで、
受験を振り返りつつ、この理不尽な内申点について大いに吠えたいと思います。



ああ、理不尽だ、理不尽すぎるぞ内申制度!!!

 


理不尽な壁。その仕組み



都立高校受験された方はよーくご存知のこの内申点の壁。

今年から7:3の割合で受検時の点数に3年の2学期分の内申点が加算され、総合得点とされます。
そう、当日の得点にゲタはかせてくれる制度。
といえば聞こえはいいが、実際は当日の点数がいくらよくても内申点であらかじめ差し引かれているようなものなのです。
ゲタを履かせるというより、むしろ逆。得点可能数を引かれての戦いを強いられる感じ。

当日の試験は1点、2点を争う熾烈な激戦。そこにあらかじめ割増点を用意してくれるということは、受験前に有利な生徒と不利な生徒が生まれているのです。

 

総合点1000点満点で内申点300点の生徒と内申点200点の生徒では、合格ボーダー800点の場合、当日500点で合格できる生徒と600点ないと合格できない生徒が決まってしまうのです。


 

 


中学校単位で付与。教師の主観で内申点って


そしてこの内申点、中学校単位で決定されるので、同じような成績(例えば模試などで同じレベルの学力)としても、学校の基準によって内申点が全然違うのです。

 

5教科も違いますが、実技4教科に至ってはさらにわかりにくい。

 

普段の態度とか提出物とか基準をきけば教えてくれますが、明確なものはなく先生の主観のみです。

 

先生と折り合いが良い生徒はもれなく良い評価をうけます。残念ながら評価基準がわかりやすそうにみえる5教科でさえそうです。どんなに提出物をだそうが、テストでいい点をとろうがお構いなし。

 

 

1、2年のうちに先生に気にいられてなければ評定5はとうていもらえないです。小テスト、総合テスト、提出物、授業態度、3年生たちはみんな内申をとろうと、必死でがんばります、それは涙ぐましい努力を続けます。でもほとんど評定は変わりませんでした。うちの子だけでなく周りの子も。みんな諦めてました。

 

結局そうやって内申を餌に教師に媚を売れと。テストで満点とろうと、積極的に発言したりしても、変わんない。時間の無駄でしたね。教師に直談判にいく親がいるのももっともだと思います。決してモンスター親とは思いません。

在籍中学によって不公平感があるのも事実。うちは本当に内申の厳しい学校で、3年生になって初めてそのことをしって愕然としました。

 

まぁ、おかげで当日がんばるしかないというこいうことで、しっかり受検勉強はできました。しかも学校全体で内申めちゃくちゃだったので、自分よりできる子が理不尽な内申にめげることなく頑張ってる姿に、一緒になってやりとおせました。

 

でも私立を選択する生徒も多かったです。1、2年の態度が悪かった生徒は都立へ進学するための内申アップ手段はないに等しいのですから。ま、どのみちしっかり勉強すればいいって話ではありますが。。


でもね


やっぱり極めて不公平な制度です。
 

 


統一性のある内申点判断基準の明示を求む



ボーダーラインの生徒の振り分けとかでなく、統一の試験にゲタを履かせる内申点なら、内申用の共通テストを都で実施してほしいです。その結果を複数回合わせて内申点を決め、さらに提出物ポイントや、出席率など汎用性のあるデータで事前点を決めて、当日点に加算してほしい。それなら納得できます。

 

所属する中学のバラバラな基準や、教師の主観のみで透明性のない基準で、共通の試験の結果を左右するようないい加減な内申ならやめてほしい。生徒を抑え込むために内申を振りかざしていると言われても、現在の内申点のつけ方では仕方ない。

折しも話題の東大推薦入学とか、学力以外のものも評価しようという流れ、わからなくもないです。

 

画一的な偏差値のみの基準は確かに偏った人材を選別してしまうリスクもあります。色々な人材がいた方が多様性のあるコミュニテイをつくれる。そりゃそうですですが、点数できりとっても結構いろんな多様性にあふれた人材集まりますよ?

 

推薦制度や面接とかを否定するわけではありませんが、やはり属人的な判断要素が多いと、グレーな部分が出てくるし不公平感もわきます。その点、やはりきっちり点数で判断するってのは潔いし公平感があります。私立ならまだしも、公立の学校ははっきりした評価基準で公平であるべきでは?と思います。


毎年繰り返されるこの論議。



少しづつ改善され、生徒のやる気を削がない公平な制度になっていくことを期待します。


生徒はみんな、本当に一生懸命ですからき





 

  • 2016.03.22 Tuesday
  • 19:01

子育て・教育

塾の先生、ありがとう。


私の子供は二人とも市進学院という進学塾に通わせておりました。


大手ではありますが、早稲アカやSAPIX,四谷などに
比べて、どこか地味な感じのするところ。
そんなアットホームさと、塾の実績を稼ぎ出ような、ものすごいできのいい子じゃなくても大事にしてくれるとこ
が極めて気に入ってました。

長男の中学受験からお世話になり、長男、次男の高校受験も通塾しました。

そんな中で、ほんとに塾の先生ってすごいなといつも感心させられます。
中堅とはいえ、大手の進学塾ですから生徒数は多いです。
そんな中、一人一人の生徒をよくよく観察してみてくれている。
正直学校の先生より何倍も感激するのです。学校の先生にもいい先生は沢山いましたけど、総じて塾の先生の対応の素晴らしさに
敬服することが多いのです。あたりはずれが少ない?のでしょうか。

きめ細かく情報をくれて、何かあれば電話をマメにしてくれて、何かあれば必ず激励を本人に直接する。
お金もらってるから当たり前という人もいるかもしれませんが、
到底それだけではできないことだと思います。+αの心配りを感じるのです。
たまたまうちの子がいい先生にあたっているだけかもしれませんが、塾の先生って人格の高さを感じます。

色んなエピソードがあるのですが、一番印象的な長男の中学受験の時の話。

当時の塾の在籍クラス担任だった先生ですが、今でも思い出すと感謝のあまり涙が出そうになります。
千葉の試験に落ち、滑り止めでうけたつもりの学校でまさかの不合格。慌てて翌日分の出願をギリギリ済ませ
激しい動揺のなか、翌朝同じ学校の二回目の試験を受けにいきました。
塾の先生に報告しなくてはいけなかったので、というか電話で聞かれたので明日も受けますとお話しました。

翌朝、母子ともに折れそうな心で前日と同じ受験会場に向かいました。

そうしたらその先生が入り口で待っていてくれました。
そして息子に激励の言葉と、小さな金色のミニカーを「これ持ってると絶対合格する、受かるよ。何人も合格させた縁起のいいものだから」と渡してくれました。息子は嬉しそうにそれを握りしめて会場に向かい、それを見届けて先生は帰られました。

結果無事合格

高校生になった今でも金色のミニカーは息子の引き出しに大切にしまってあります。

たくさんの生徒がいる中、大したことない滑り止め校受験に、たった一人うちの子のためにきてくれました。
どこを通るかもしらず、何時にくるかもわからないのに、2月の凍える寒い朝、私たちが着くより早くから来て、
ずっと待っていてくれたのです。そして大きな声で下の名前を呼んでくれました。ほんと嬉しかったです。
私はもちろん、息子も感激してました。

よく考えると、中学受験ってまだ小学生の子供。めちゃ生意気な口をきくけれど、所詮子供なのです。
さぞや不安だったでしょう。そういうのって親は以外と気づかなかったりしますよね。親も受験生の気持ちになっちゃってるから。
ちゃんと客観的にみて、温かい気持ちで見守ってくれてて、ほんと頼りになりました。
受験後も「困ったときに読む手紙」をくださったり、親への感謝の言葉を仕込んでくださったり(^^;;。
受験校も「昨晩寝ないで、お子さんにあう学校を考えてきました」ってリストをくれたこともありました。

進学塾ですから成績をあげて合格するのが第一ですが、それ以外にも心温まるやりとりがたくさんあって、親の気持ちも癒されます。

ゴールデンウイーク以外は、正月も夏休みも休みなく働いてしょっちゅう残業。超難関校のできの良い生徒にも、授業をまともに聞けないできの悪い生徒にも適した内容の授業を行う。それだけでもすごいと思うのですが、親にも学校にも連絡を欠かさず、最新の情報収集にも余念がない。どれだけの能力をお持ちで、どれだけの時間を仕事に費やしてくれてるのか。多少月謝が高くても、先生に沢山さしあげてくださいって心から思います。

そんな先生にこの場を借りて心からの感謝を述べたいと思います。

本当に本当に、ありがとうございますき


先生は、ほぼ神ですき


3/4追記:都立志望校、無事合格しました。
初詣でお願いに行った神社と、塾の先生にきっちりお礼参りをしてきました。
本当に良かった。ただただ感謝。

春が来た〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆





 
  • 2016.02.24 Wednesday
  • 10:01