Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

スポーツ

大阪学院大高の大会棄権について

あまりにもむごい。

 

 

正直そう思います。

 

 

一生懸命部活に打ち込んできた高校生を身近でみたことがある人は、誰でもそう思うのではないでしょうか。

 

 

 

管理が甘いとか、ルールだからとか、もちろん正論だけど、それだけで割り切れるものではない。

高校生だからこそ、過ちを救済されることがあってもいいのでは?と感じます。

 

 

 

ただ、謎が多すぎる!

 

 

 

監督なり、コーチなりがすべき仕事?かもしれないけど、普通もう少し他の人もきにするよね?

高校生の部活の大会、初めてじゃないでしょうから、エントリーできなければ失格って知ってるはず。

マネージャーや他の人任せなものなのかな?

 

レギュラー陣はいつも出席しないものってのもあるのかもしれないけど、控えの選手の出場にしろ、それに出る予定の人はいたんだよねぇ?明日よろしくお願いしますとかもないのかな?

 

大所帯の部活ならマネージャーとか普通いるだろうに、いなかったの?気づかなかったの??

部長とかも普通チェックするよね??

 

エントリーできてないですよって連絡きたのに、時間内になんとか人を派遣できなかったのも謎。

本当になんの手段もなかったの??

 

あれもこれもすっごい謎すぎる。ほんとのとこはどうなんだろ?

 

もはや仕組まれた罠??と疑いたくなるレベル。

 

 

とは言っても、主人公のサッカー少年たちの胸の内を思うと、ほんとやりきれないです。

3年生の最後の大会って、どのスポーツもほんといつもの何倍も盛り上がるし、気合が入るものです。

大したことない弱小校だって、先輩も駆けつけて、どの大会より凄まじい気迫の試合ばかり。

強豪シード校ならなおさらそうだったでしょうに・・・

3年間部活動を続けるって、大したことなさそうで結構根性のいることです。そんな子たちの最後の晴れ舞台。親御さんたちもどれだけみたかったことか。自分がその立場だったらと思うと気絶しそうです。

 

もちろん、監督なりコーチなりも想像を絶する思いでしょうけど。

 

ルールがある以上、例外を作ったらいけないという意見も分かるけれど・・・

厳しく守ってこそのルールの意義があると。確かに、ごもっともな意見。

 

でも個人的には、違う見解です。

 

誰のための、何のためのルールなのか?

 

と問いたい。

 

 

これは、教育の一環としての部活動の大会だから。

 

ミスをリカバリーするには、どうしたらいいか学ぶ場であってもいいのでは?

ミスは絶対許されない、どんな場合であっても覆らないことを思い知らせることが、3年間頑張ったこと、そういうこと沢山の何よりも大事なのことなのか。柔軟な対応は不要なのか。邪道なのか?

 

 

そう、思います。

 

 

残念ながら今回の棄権は覆らないとの事ですが、今後のためにも色々議論を尽くしておいて欲しいと切に願います。

  • 2016.08.15 Monday
  • 21:03

スポーツ

高校野球2016夏 号泣!!東邦vs八戸学院光星

 

いやぁぁぁ!!

 

うそでしょ!?

 

9回裏5点差ひっくり返して逆転勝利って。。

 

相手の攻撃が激しくなってきても、どこか余裕を持ってた光星。点差があるからワンアウトくらいなんとかとれんだろ?

勝てばいいんだから。みたいな雰囲気を感じました。

 

 

対して、もう吹っ切れたかのようにめちゃくちゃ笑顔の東邦。もう9回裏だし、2アウトだし、いいんだーみたいな。

 

 

そしたらうそのような波状攻撃で、渦にのまれるように同点、そして逆転。

 

 

 

あれだけ縮まっていく点差に焦りも隠せない。でも、円陣を組んでピッチャーを励ましたり、少し空気を遮断するようなアクションがゼロ。

 

野球素人なのでよくわからないけど、こういうもんなのか??

 

少し、和ませるような空気をつくるとか、声かけあうってしないのか?ピッチャー孤立して焦りまくらせてていいのか?

詳しくわからないけど、なんだかピッチャーが可哀想で・・・

 

 

終了後、まともに歩けなくなってる選手をみてひたすらもらい泣き。

 

あれは泣くわなー。勝ったと思うわな。次の試合のこと考えるわな。

 

 

なのになのに・・・

 

手をすり抜けていった勝利に悔しさ倍増。。。

部員159人って、どんだけ大変な部活動だったでしょうか。どんだけのチームメイトの思いを載せてグランドに立っていたのでしょうか。試合にでれなかった選手たちはどんな気持ちだったろう。大量点の援護を受けながら勝利を逃した投手はどれほど自分をせめるだろう。何もできずに守備に立っていた選手は、じわじわ押し寄せる敗北がどれほど怖かっただろう。あー、もうなんてドラマなの!

 

 

東邦のハジケル笑顔が、より一層眩しくみえる。

これぞ甲子園。

 

感動をありがとう。

 

まだまだ見るよぅ〜!!

 

 

 

 

 

 

  • 2016.08.14 Sunday
  • 16:54

スポーツ

高校野球2016夏 燃える予選大会

 

毎日の熱戦に釘付けの今日この頃。

高校野球ってどうしてこう面白いんでしょう。

 

 

もともと野球は好きなスポーツではないのですが、高校野球は別。

子供が二人とも高校生になって、それぞれの学校を応援してるうちに、すっかりはまりました。

 

なんて美しい世界なんでしょうか。。。

毎日泣いて叫んで大暴れしながら観戦してます。

東京在住なので、主に東東京、西東京をテレビ観戦してますが、千葉、埼玉、神奈川も視聴してます。

 

見ていて思うのは、やはりシードの私立強豪校などは、粒ぞろいの選手が多いこと。体格もフォームも全てが

既に高校生離れしていて、もうそのままプロ野球に行けそうな子がわんさか。もともと凄い子たちなんでしょうけど、さらに毎日厳しい練習をして磨かれたんだろうなーって。私立に野球推薦で来たような子は、ほんとに全てを野球だけに投げ出してきたんだろうなって思うと、負けて去っていく姿に涙しないときはありません。プロ野球に進める子はいいけれど、そうでない子は卒業後の進路も厳しいと聞きます。それでも全てを捧げ尽くして甲子園を目指す、その気持ちを思うと、子供にも親御さんにもひたすら拍手を送りたい。日々どれだけ厳しい局面を切り抜けて鍛え上げたメンタルを持ってしても、一度負けたら終わりというルールで、ピンチに動揺してこわばった顔をみると、まだまだあどけない高校生なんだなぁって思わされる。そしてうまく打てたり、守れたりしてふにゃーっとにやけてしまう顔。もうキュンキュンします。

 

対して都立、公立チームは、体格もフォームも未完成な子が多くて、これまた微笑ましい。何もわからない私から見ても、あーひっどいなこれ(^^;;と思うような子も、勝ち進んできたり。これこそが、高校野球!そんな気もします。勉強して受験して、たまたま合格して入ってきた子たちで作ったチームで、ここまで一生懸命がんばってきました!感がたまりません!

実は強豪高でなければ、そんなに変わらないのかな?

 

どこの地域も、残り何試合かで代表校がきまるので、引き締まった試合が盛りだくさん。見ていて息が止まりそうになります。自分の息子が出てたら、ほんとに死んじゃう!!てか見てられる気がしませんね。よその子で、全く接点のない子でもものすごい感情移入してしまいます。

 

球児一人一人の息遣いを感じますね。純粋な感情って伝わりやすいのかな。スタンドで応援してる子にも思いを馳せてます。

 

一つ一つの試合にコメントしたいところですが、きりがないので甲子園まで待ちます。

本当は他の競技もテレビ中継してほしいと願ってます。どの競技もみんな熱を帯びて、ほんとに面白いんですから!

でも残念ながらどこも中継してくれないんですよねー。どっか高校生スポーツチャンネルとかやってくれないかな。

予選からみたいなぁ。バスケ、バドミントン、バレー、テニス、陸上、水泳、ハンドボール、サッカー。強豪校だけでなく、弱小校だって一生懸命頑張ってる姿があるのです。一人一人のドラマ、見ていたい。

 

 

夏が暑くなりそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2016.07.25 Monday
  • 14:32

1