Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

スポーツ・レジャ−・ゲーム

ネヘレスコール収穫@勝沼。超レア品種のぶどうはインスタ映えも抜群!


伝説の巨大おばけブドウ、初めて収穫



今年の葡萄狩りの集大成。

ネヘレスコールを収穫して参りました。これっ↓↓



長さ30センチ超、重さ1800グラムくらい。

写真のものは、ネヘレスコールにしては小ぶりです。

 

他のブドウもあるので、持って帰るのが大変だから敢えて小さめを選択しました。。

 

まぁ、それでも家でみるとめっちゃ大きいですが。。


種はあるけど、皮ごと食べれるし、味は緑ぶどうにしてはとっても甘いです。
食べても食べても減らない!ので、なんかお得に感じます。


我が家の10余年あまりのぶどう狩りライフで、初めての収穫です。

 


どうやら、飾り?なのか今まで採らせてもらえたことがないのですが、今回特別に頼み込んで、渋々了承(^_^;)ってな感じで一房だけいただきました。常連パワー!

 

このネヘレスコールは、シリア原産の古代からある品種で、聖書にも紹介されていると言われている伝説のブドウです。

 

こんな絵、見たことありませんか?

この葡萄だそうです。

 

大きい房では長さ1メートル近くになり、重さは10キロの記録があるそうです。この重さの房を支える茎にもオドロキです。
植物ってすごい。

この圧巻な大きな房、めっちゃインスタ映えします!

並んで撮ると、顔、めっちゃ小さく見える〜!!

ブドウ棚のなかでも、一番目立つところで、巨大房がたわわさをひけらかして君臨しております。


市場にはまず出回らないので、マニアックな葡萄ハンターは狙い目の獲物です。

基本観賞用で、営利目的の栽培には向かないので扱いが少ない。

大きくて、実落ちしやすので運送が大変すぎて流通不可だとか。

なるほど、一個持ち帰るのも大変でしたもんね、納得。

 

 


気になるそのお味は?



そして肝心のお味ですが・・。

 

 

冒頭でもコメントしましたが、緑系にしてはかなり甘め。

 

あっさりとは違った感じ。

 

房は巨大ですが、一つ一つの実は中〜小粒。

 

でもジューシーで美味です。

 

お値段高めですが、一度はトライしてみたいぶどうです。

食べても食べてもなくならない魔法のぶどう(^_^;)

余ったら干しぶどうにしても美味です。

 

近所のスーパーはもちろん、勝沼など山梨のメジャーなぶどう産地でも店頭販売はみかけたことありません。

 

おそらくぶどう狩りへいった人でないと入手できないレア中のレアぶどう!!

しかも緑系のぶどうは収穫時期が短く、こういったレアものは特に短い期間のみの収穫です。

 

運良くぶどう園でみかけたら、絶対狩るべし。

 

 


以外と育てやすい品種らしい


ぶどう園でも狩らせてくれるところは非常に少ないので、いっそ育ててみるのもいいかも。

数は少ないけど苗なら売ってます↓↓

 

ブドウ 苗木 ネヘレスコール ウィルスフリー1年生 接ぎ木 苗 果樹苗木 ぶどう 苗 果樹苗

 

 

行きつけのぶどう園の方に伺ったところ、育てること自体はそんなに難しい品種ではないそうです。

 

そう、小粒なので、大粒のものほど管理が難しくないのです!

 

ぶどうの形を整えたり、数を減らしたりしなくてよいので、楽なんだそうです。

ただ、めちゃ大きくなるので、房をたらす場所と重荷に耐えられる棚が必要だそうです。

 

大きめのお庭をお持ちの方、チャレンジしてみても面白そうですよ。

 

  • 2012.09.19 Wednesday
  • 11:27

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback