Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

自分・日常

義母の認知症介護

 

認知症の義母を2日間介護しました。

 

もともと仲は良かったので、一緒にいることは苦ではなく、楽しく過ごしました。

 

でも

 

2日だからできただけ。

 

もっと長かったら絶対無理です。

 

 

それでも、もう帰ってしまうのかと涙を流して惜しんでくれる。

そんな姿に胸が痛みました。

優しく抱きしめて、また来るからねと告げて帰途につきました。

 

 

何が辛かったかというと、自分自身との葛藤。

これが一番きつかった。

 

無力な人間を前にすると、人間って本性が出てくるものです。

 

義母といる間中、私は醜い自分自身の心と向き合わなくてはなりませんでした。

それが一番苦しいことでした。

 

同じことを何度も言うとか、奇妙な行動を繰り返すとか、そんなのはどうってことなかった。

私にとっては軽く流せること。

 

苦しかったのは、なんとか得をしたいと思う自分との戦いだった。

 

お財布の中のたくさんのお金は全て、私の思い通りに使えた。

お札を抜こうと思えば抜けたし、好きなものを買わせようとすればそれもたやすくできる。

恨まれることもなく、非難されることもない。

仮に何かしたところで、どうせすぐ全部忘れてしまうし、現実と妄想が入り混じった状態の人が何を言おうと

「そんなことありません。事実無根」

の一言で済んでしまう。

 

そんな状態の中で、清く正しくあろうとすることが、とても大変なことだった。

 

日常であれば、こんな葛藤を味わうことはまずない。

盗みをすることもないし、ずるいことも、ほぼ?してない。

割と忍耐強く、道徳心と倫理観に制御されて生きている人間のはずだった。

 

なのに相手が無力というだけで、人間はこんなにも汚い心になれるのかと、ぞっとした。

 

この財布を預かって、滞在中自分の欲しいものを好きなだけ買える。

この封筒の中のお札を何枚か抜いても、誰にも気づかれない。

黙って抜き取ってもいいし、罪悪感を軽くするために一言かけて抜き取るもよし。

何でもやりたい放題なのだ。

これだけ我慢強く、認知症患者と接して奉仕しているのだから、少しもらってもいいんじゃない??

 

 

恐ろしい自分の心に、何度も寒気がした。

 

 

抑えても抑えても、ぬくぬくと頭を持ち上げてくる欲望。

私は偽善者だ。

善意を装って、実は真っ黒な心をもってたんだ。

 

そんな自分と、ずっと戦い続けて2日間を過ごした。

お金が欲しい。。誰にも迷惑かけないんだから、2枚くらいいっか。いや1枚なら。。。

 

結局、私の欲望の塊は、ちょっと高級なケーキ2ピースで昇華され、ことなきを得ました。

義母と一緒に美味しく頂いて、なんとかしのぎ切れた。

甘いもの万歳!

 

 

しかし義理の母とはいえ、身内に対するこの体たらく。

 

これが赤の他人であったら、どうだっただろう。

ずるいことせずに、不正をせずに、正義をもった行動ができるだろうか?

介護という職は、本当はいったい誰がやるべきなんだろう。

普段、心清く過ごしている人でも、すごい魔との戦いになるんじゃないかなって思います。

 

介護職、できる人は天使。

 

 

  • 2017.01.12 Thursday
  • 09:57

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback