Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

買い物・商品 

街の本屋応援!新しいカタチはe-hon

 

最近よく耳にする、宅配便の需要過多。

そして、ネット販売が主流になったため、つぶれ行く街の本屋さん。

そーんな二つを同時に解決する素晴らしいサービスがあるのをご存知でしょうか??

 

これ、もちろん購入者にも大きなメリットがあるんです。

 

アマゾンなんかで本を安く買ったはいいが、送料無料対象にならない安い本で送料込みだと高くついちゃった、なんて経験ありませんか??

 

本屋いけばいいんですが、探すのが面倒だし、行ってなかったときのショックたるや。

だからといって、本屋で予約や取り寄せってなんとなく億劫。なんでなんでしょうねぇ・・

 

で、ネットでちゃちゃっと検索して購入後、近くの本屋で受けとる。送料はもちろん無料!!

残念ながら、アマゾンのような中古の本はないのですが、文庫本、コミックなど安い本も一冊から注文できます。

 

これで、街の本屋さんも自分とこの本が売れるし、個別宅配の手間がなくなって宅配便のお兄さんも喜ぶ(⌒-⌒; )!

購入者は安い本でも送料無料で買うことができるし、本屋を探し回る手間が省ける。

 

一石三鳥!!!

 

購入者側は事前に会員登録をする必要があるので、それを面倒と思うなら厳しいのですが、そこさえクリアできればなーんにも問題がない!

 

ちょっと待て。

 

忘れてませんか、セブンネットショップ、ヨドバシ、楽天ブックスとか。。。。

 

ええ、無料配送のところもあります。アマゾン対抗馬はすでに結構あるのは知っています。

セブンネットショップなら、セブンのコンビニさえ近くにあれば、本屋が閉まった夜中でも受け取れますね。ヨドバシの宅配サービスなんか消耗品でもただで届けてくれるし(⌒-⌒; )、楽天ブックスだって、いくらの本でもただで届けてくれます。

 

知らないわけじゃないけど、やはり本屋さんを救済できるのは、ここしかないんじゃないでしょうか??

 

私はよく本屋を利用するので、これ以上潰れて欲しくないのです。よく立ち読ませていただくので、応援したいのです。

実物の本を手に取る機会を大事に思うのです。

 

しかも宅配便のピンポーンってのが結構苦手で・・・

居留守を使って宅配ボックスに入れてもらえばいいんだけど、なんかコソコソしてる自分が嘆かわしい。

宅配ボックス使用不可のものはさらに緊張。

最近お忙しそうな宅配のお兄さんたちに、再配送なんかさせちゃ申し訳ない!!在宅せねば!!と妙に構えてしまいます。

 

というわけで、並み居る便利なネット通販での本の購入を、こちらにするだけで本屋さんも助かるとういうこのシステムに賛同しちゃうわけです。

 

街の本屋を応援する、新しいカタチ。

 

オンライン書店e-hon

 

注文はネットで。受け取りは本屋さんで。

 

  • 2017.06.12 Monday
  • 10:01

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback