Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

スポーツ・レジャ−・ゲーム

ぶどう狩り2018@山梨


今年は早め!そして暑さで上出来!


 

2018年、今年もぶどう狩り、いってまいりました!

おぉー、ぶどうの季節キタたわわぁ〜!!

 

8月第3週に一発目です。

 

今年は日照がすごかったため。早めの出来になっているとの情報があったので、

急いで行ってきました。

 

場所はいつもの大雅園@勝沼。

 

もう通い始めて10年以上なので、すっかりおなじみ。

ずっと変わらない大将の笑顔。お嬢さんの明るい声。

ここは、ぶどうを狩ることをメインにできるので、好きなんです。

 

以外と他のぶどう園さんは、狩るより買ってくれって感じが多くて・・・

ずっと子供連れだったので、ちゃんと狩らせてくれるここが、すっかり贔屓になりました。

もう夫婦だけでくることが多いですが、毎度しつこく狩ってます。

てくてく歩いて、畑を巡ります。

 

さ、今年の収穫を披露です。

 


今年の収穫ぶどうはこれ!


 

安定の巨峰。大きくてブルームたっぷり、パツパツ。

安いし美味しいし、最初にこれをとります。

最近、藤稔は取らなくなりました。見栄えは全然違うけど、ピオーネや巨峰でも十分美味しいので。

ちなみに藤稔、残りはごくわずかです。

 

そしてなんと、デラウエアは今年全滅!8月といえば、安くて甘いデラなのに、今年は暑すぎて小さな実はダメになってしまって売れないとのこと。うーん、残念。

 

代わりにデラウェアの兄弟品種、サニールージュが上出来。とても甘くて実がぷりぷり。すごく美味しいです。

キングデラはなかったです。

 

あと、小ぶりながら、ベリーAの種無し版みたいな安芸シードレス。

濃厚で、ポリフェノール満載な感じです。小粒最強!

 

2018収穫ぶどうの大皿盛り♪

 

左からシャインマスカット、中央最上は紅伊豆、その隣が瀬戸ジャイアンツ、中央が安芸シードレス、手前中央巨峰、一番右ピオーネ。

 

個人的には紅伊豆↓が一番好きです。

店頭だと真っ赤なものが主流ですが、私は赤があまり濃くないものが好みです。

適度な酸味もあって、実がちょっと張ってるのが美味しいんです♪

好きな色合いのものを選べるのも、ぶどう狩りの醍醐味ですね。

 

今年はシャインマスカットも上出来。たくさんあるので、9月でも安心して狩れそうです。例年より全然美味しい♪

 

瀬戸ジャイアンツは、超人気な上に、収穫量が少ないので、時期を選ばないと取れないみたいです。予約とかしてる人のぶんもあるそうなんです。でも、納得の美味しさ。さっぱりしてるのに、味がしっかりしてて超美味。狩れたらラッキー。

 

これは、まだ収穫不可なんだけど、珍しい瀬戸ジャイアンツみたいなハート型の赤いやつ。

試食だけさせてもらいましたが、味は瀬戸ジャイアンツとは結構違う。ちょっとまだ固かったし・・。

マイハート?でいいのかな?

 

ネヘレスコールも健在。

興味ある方は過去記事どうぞ→ネヘレスコール

飾り用なので、狩りは基本できませんが・・。

たわわー。

 

 

カッタクルガン、ピッテロビアンコ、ニューナイなどの緑玉ぶどうは、まだこれからですが、甲斐路などの秋の赤玉もできちゃってるとのことでした。ぶどう狩り考えてる方は、どうぞお早めに。

 


ぶどう狩り後は温泉でリフレッシュ


 

最近のお気に入りは、ここ!

 

正徳寺温泉初花。

ここの温泉は超アルカリ性でph9.5!

 

36度の源泉もそのまま入れるので、暑い季節にはぴったりです。

永遠に入ってられる温度。そして入浴料700円!地元の方も多いの納得。

 

ここ、お食事も全部美味しくて、うなぎとか有名です。

うなぎはちょっと高い・・3000円クラス。

でも食べたけど♪

 

 

あと、車で行くには細い道が多くて大変です。

よく下調べしてから行くことをお勧めします。

 

温泉施設には、露天、ぬる湯源泉、高温泉、寝湯などがあります。

泉質最高なので、もうお肌ツルツルです。

ただし、化粧水などのアメニティは皆無。まぁ、不要なくらいよい温泉なんですがね。

 

時間とお金に余裕がある方は、ぜひお食事もしてみてください。

 

  • 2018.08.27 Monday
  • 10:48

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback