Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

不思議系・精神論

結縁灌頂@高野山東京別院 体験談

 

11月24日、東京で初めて行われた秋季 金剛界結縁灌頂に入壇してまいりました。

 

行われた場所は、高野山東京別院。

 

このお寺は、高級住宅街、高輪の中心部にあります。

 

どの駅からも長い坂道をあがらなければなりませんが、

目の前にバス停があるので、坂道きつい方はそちらが便利。

 

 

ここ、なかなか立派なお寺なのです。

 

 

 

儀式がここで行われるのは、初めてということで、ワクワクして参加してきました。

 

ホームページには、式の内容を口外するなとありましたが、当日も何も言われることもなかったので、よくわからないです。

写真を撮りたいという方が、ダメと言われているのは聞きましたが・・

 

とりあえず、ホームページに公開されている式次第があるので、詳しくしりたい方は下のリンクからどうど。

 

→結縁灌頂式次第

 

かなり詳しくかかれていて、ほぼこのとおりの進行でした。

 

最初の説明段階で真言と印を覚えるようにいわれるのですが、これが一瞬でして。

唱えるべき真言「オン サンマヤ サトバン」が本番で言えるのか、手で結ぶ印が上手にできるのか不安で妙にソワソワしてましたが、全然大丈夫でした。その後何度も練習の機会があって、本番はつつがなく完了。

 

1グループで、私の班は30名近くいましたので、式の途中は流れ作業的な感じに。

一番のみせどころ、投華(実際は華はなく葉っぱの部分のみ)も、強烈に慌ただしく、説明のお坊さんも

次の人が気になってうわの空で流れ作業的な。。。

 

ゆっくりやってくれるともっとありがたいのになぁ、と正直思いました。

曼荼羅の説明もあっというまで、ちょっとものたりない。もっと味わいたかったです。

 

そんな中での「有難さ」を強く感じられたのが、阿闍梨様様。

 

最初に儀式に入る前の説法の際と、投華後の灌頂の際に別々の方に接しましたが、とてもありがたい感じがしました。

 

最初に説法していただいた方は、30名を前に、威厳に満ちて重々しい感じで話される力強い声の方。

 

灌頂の儀式を私にしてくださった方は、非常に温厚で慈愛に満ちた穏やかな方。

この方は、儀式後に私に「どこから来たのか。」とか「高野山にも是非いらしてください」などと声をかけてくださいました。

 

柔和な微笑みがうれしかったです。

 

灌頂の儀式後、普段は近くまでいけないお大師様の像の真ん前までいけたので、ありがたくお祈りさせていただきました。

これまた非常ににこやかな表情で、なんともお大師様っぽいなぁと緊張をほぐされた感じでした。

私の中でのお大師さまは、深遠で知的で合理的で、なおかつフランクで茶目っ気たっぷりというイメージですので。

 

最後に受付で渡されたセットがこれ↓

 

 

中身は・・・バラバラに渡されたのをセットするとこんな感じ。

 

投華の儀式に使われた、

しきみと呼ばれる葉っぱ。

 

目隠しに使われた紙。

 

紙のお守り。

 

そして結縁灌頂の証の紙。中は開けていませんが、うっすらとお大師様の絵柄や文字が透けてみえます。

どうしていいかわからないので、とりあえずそのまま置いてます。

開けていいのかな???

 

 

なんせ東京初の儀式、参加できてうれしかったです。

偶然乗った地下鉄のポスターで気づくというご縁に、感謝。

 

南無大師遍照金剛。

 

 

 

 

  • 2018.11.25 Sunday
  • 16:52

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback