Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

子育て・教育

ゲーム中毒・受験・思春期の三重苦

うちの小6の息子。

私立受験目指して、勉強中です。

しかし・・・。いかんせんやる気がでないようで。
塾からも散々このままじゃダメですって言われて、「やる気ないなら、もうやめよう。よくがんばったね今まで」って何度いったことか。

でもその度、「受験したい」と言う息子。

言葉と行動があってないよ、あなた。

思いっきり成績が悪ければ、悩みもしないだろうけど、なまじっか良い成績をとってくるので、親もアホでその気になってしまう。親の幻想なのか?でも成績優秀者名簿に何度ものってるし。なのに先生はクラス落ちまで示唆する。よっぽど態度わるいのか?経験上そういうヤツは脱落していくのか?正直少しほっといてくれ、って思うこともしばしば。ノートきれいじゃなくても、きっちり宿題やんなくてもできることもあるよ?でもなんかおかしなところがあるから電話がくるんだろうね。相手はプロだから、何かひっかかる
ことがあってのことなんだろう。安定してなくて激しい乱高下がいかんのか?まぐれの連続といいたいのか?

受験に関してはいつでも撤退の覚悟はできている。やる気もなく、勉強もしないヤツに大枚はたいてやるほど、うちは余裕ないもんね!

また、仲良し軍団がオンラインゲームにはまってしまい、ねだられて渋々やらせてしまったのが失敗だった。

あれは中毒。まさに毒。

何度いっても約束を破って指定時間オーバー。塾の宿題も終わっってからヤルというルールで、彼の報告を信じていたら、塾の先生から手抜きがひどいとのクレームの連絡。

で、ゲームを禁止処置したら、もう大暴れ汗
特に私には大きな態度で、猛烈に反抗する。大声で泣き叫んだり、つかみかかってきたり。幼稚園児か??って感じです。本人もゲーム以外のことは考えられず、すべてがゲーム中心とのたまう。俺にとってどれだけゲームが大切かわかっているのか!と。
アホ
ゲームできないなら生きてる意味ないというなら、今すぐ死んでいい、と言ってやった。

どうやら思春期反抗もあるみたい。

急に体が大きくなり、あれこれ性徴も出てきてるから間違いなく、そのせいもあるんだろうと思う。

主人は「即刻全面中止」の一点張りだけど、私は段階的禁止を提案。
結局、夏までに徐々に減らしてしく方向で話し合いがまとまった。もちろん本人も同意の結論です。

いろんな掲示板をめぐって、同じような悩みを抱えている方の話と、対処を見せてもらって、すごく参考になりました。

傾向としてやる気ない子は、生活面全般でだらしのない子が多い。
ゲーム中毒になるのは、思春期男子が多く、ほっておくと手のつけられないキレ男になるそうな。

あくまでも統計だから、全員には当てはまらないけど、うちはかなり確率高し。

オンラインゲーム中毒、思春期、受験。この三重苦をどうやって乗り越えましょ汗
  • 2010.04.22 Thursday
  • 17:28

Comment
初めてコメントします。
うちの子、小5ですが、まさに今ネットゲームとネット中毒なんです。ずっとゲームは与えなかったのですが、とうとう私の財布からお金を盗んで勝手に買って隠してまでやるようになりました。それで約束を守るということでPSPを買ったら最後、すっかり中毒です。ジオ様の息子さんと違ってもともと勉強も嫌いで出来ないので、さらに宿題もせず、引きこもりがちになってきました。インターネットが何でもできるのは困るのでフィルターかけても勝手に解除する、取り上げたら暴言暴力、もう、人が違ったように攻撃的になります。このままどうなってしまうか、考えたら涙が出てとまらず、不安と恐怖でおかしくなりそうです。社会不適応になるんじゃないか、いつか殺されたりするんじゃないか、心配は尽きません。いくらやる事やってからなどといっても親の言うことは一切聞かず、どうしたらいいものか。小さな窃盗犯君のように、中学にいって、部活にはいってかわってくれたらいいのですが、今まで習い事も何にも続かなく、部活も入る気がしません、ジオ様の息子さんはどのように反抗期とゲームから抜け出しましたか?ウチは少し病的だから、違うかもしれませんが、こちらのブログで少し似たような件があったのが目に止まったので、思わずコメントしてしまいました。とりとめなくてすみません。
  • mii
  • 2015/02/22 10:26 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback