Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

エンタメ

この世界の片隅に 感想

 

映画「この世界の片隅に」を見てきました。

すっごい映画です!ほんとにすっごかった。

今、世界の紛争地域で暮らしている人たち全員に見せてまわりたいです。

上映会してまわりたい。そんな衝動に駆られました。

 

心のかなり深いところをえぐられて、ちょっと重症・・・

内容は相当重いですから。正直苦手。でもそれだけではない。強さと希望としなやかさ。

だから評価が高いんでしょうね、納得です。

 

前評判の高かった映画ですが、詳細はよくしらないまま戦争アニメ?みたいに思って映画館に入りました。

夜の会なのにめっちゃ混んでました。そして映画が終わってもみなさんなかなか席を立ちませんでした。

みんなずっしりきてたんだと思います。

 

以下、ネタバレしつつ感想。***********

 

主人公の独特な声は、能年伶奈さんあらため「のん」さん。

ふんわりした独特のしゃべりかた。

これは好き嫌い別れると思うのですが、主人公のイメージとはぴったりです。

 

最初はほわーっとしていて、ずーっとこんな感じに淡々と語られるのかと思いきや、途中から加速して展開していきます。

 

おおらかな主人公のすずですが、少しずつストレスにさらされ、心身に異変をきたしてきます。

結婚相手の周作が優しいことだけが救いの日々。悪化していく戦況、空襲の恐怖、日々の生活の苦しさ。でも持ち前のおおらかさとポジティブさで耐え忍びます。

 

慣れない土地での不便な生活、意地悪に見える姉との確執、そして姉の子供の面倒をみている最中に爆死させてしまい、自分の右手も失い大怪我を負う。怒り悲しむ姉の暴言。

この辺で彼女の理性は崩壊の危機へ。

 

そして広島長崎への原爆投下による、終戦。

 

 

ボロボロになった彼女ですが、最後にみんなの優しさに触れ、広島でついてきた身よりのない少女を引き取り、これが結果的にこの家を明るく、幸せに導いてくれます。

 

いろいろな伏線があるのですが、どうやらこの少女は昔彼女がスイカをあげた「座敷童」だったみたいです。

 

私が一番衝撃的だったのが、すずの夫周作が、すずを他の男と二人で過ごさせるために家に鍵をかけたシーン。

幼馴染の男、水原が、すずを訪ねて海軍の制服をきてやってくるのですが、宿を貸し出すときに、わざわざ離れの納屋を用意します。

仲よさそうなすずとの様子をみて嫉妬しているようだったので、あれ、意地悪?と思いきや。

 

なんと、彼のもとへ暖房機器をもっていくようにと指示するのです。そしてゆっくり話すようにといって、すずを家からだし、直後に鍵をかけるのです。

 

ええ??どういう意味??

 

 

と思ったら、やっぱそういうことでした。

水原はすずが好きで、すずも水原が好きでした。夜二人で話すうちにそういう雰囲気に。

特にすずも拒否しないので、???と思っていたら、今は違うと!やめ!となり、ほっとしました。

 

でもいくら生死をさまよう兵隊であっても、自分の嫁を差し出す??

ちょっとびっくりしました。

 

のちにこれも周作とすずの仲を深めることになり、色々全てがうまくいくのです。

登場人物、みんなそれぞれ癖はあるけどいい人ばっかり。

みんなで笑いあって暮らせる。

それが如何に普遍的価値のある宝物か。

戦争経験のない若者、子供、そして、今苦しんでいる世界中の人々にこの映画がみてもらえるようになってほしい。

心に響いいても響かなくても、いいと思えなくても、何か伝わる気がします。

そして、今この平和な時代に生きていることに、本当に感謝が湧き上がります。

なんて幸せなんだろうっておもわずにはいられません。

多くの犠牲の上に作り上げられたこの貴重な平和を、めいっぱい幸せに生きなければバチが当たる!

 

間違いなく、今年一番の名作!!!

 

 

 

 

 

 

 

  • 2016.12.26 Monday
  • 12:04

子育て・教育

高校で遅刻すると、どうなるか

 

長男は私立高校、次男は都立高校に通っております。

長男はほぼ遅刻しませんが、下のはよく遅刻するのです。

 

遅刻した場合の対処は、学校によって違うのでしょうけれど、あまりに対照的なので驚きます。

 

 

 

まずは、長男の通う私立高校。

 

→学校生活の記録に「遅刻」と記入されるだけ。

特に何回あったら罰とかいうペナルティはなし。親にも連絡なし。本人もお咎めなし。

 

なのでお気楽に遅刻可。ですが、登校するべく、朝家を出たにもかかわらず学校についていなかった場合なども全く学校は関与しないんだそうです。女の子のお母さんが保護者会で質問した際に先生がはっきりと返答してました。保護者全員固まりました^ ^。

何かトラブルにあっていても、わからないということだそうです。心配なら、事前に登校確認メールを親子で決めておくなどの対処をしてくださいとのことでした。

 

なかなかの徹底した放置です。

 

 

 

対して、次男の通う都立高校。

 

→遅刻すると、担任の先生から電話がかかってきます。3回遅刻で、一ランク上の指導が入り、本人に早出のペナルティが課されます。それの上はどうなるか、今のとこわかりません。

 

本人に罰はガンガン与えてくださってウエルカムなのですが、毎度保護者に電話って結構なものです。正直先生も面倒臭そうでした。

ですよねー、高校生にもなって遅刻しましたって電話しなきゃならないって。

 

そんな親と教師の「なんでだよ」の思いをよそに本人が一番ひょうひょうとしているし。そもそも悪いと思ってない。

 

都立高校だから、どこの学校も同じような指導をしているのかな?

それともうちの学校が厳しめなのかな??

 

 

まぁ、遅刻しないにこしたことはないけれど、同じ高校でもこんなに違う対応なのかとしみじみ思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

  • 2016.12.19 Monday
  • 10:59

SMAP

SMAP解散4。私はやっぱり好きでした。

中年のおじさんが、人間関係でもめて勤続25年の会社を辞める話。

でもね、ただの中年のおじさんぢゃないんです。

 

 

めっちゃ多くの人に愛されてきたおじさん達なんです。

 

 

もはや解散危機ではなく、解散となり。

穏やかに最後の時を待つ。

そんな状態の今。

 

改めて、色々思うことがあります。

 

 

 

ここに来て色々頑張っている文春に180度方向転換して敬意を払いたくなりました。

以前は悪く言ってごめんさない。真実を、ただ真実を報道しただけの第三者だったのに。

どうか、真実を暴き出して教えてください。一体彼らに何があったのでしょうか。

彼らの口からも、事務所からも、関係者からも直接語られることは永遠にないでしょうから、情けないけど第三者だけが頼り。

 

 

どうでもいい、なんて建前です。

 

 

本当は凄く真実を知りたいです。

 

 

 

25年も続いたSMAPが、なぜこんな形で終わることになったのか。

 

 

裏切り者木村 VS 中居派4人の構図。

最初の報道を聞いて、木村を信じられなくなり、一気に冷めていきました。

あいつのせいでこんな混乱に。そんな奴だったとは。。。もともと嫌われるタイプで、うざいところも多いけど、信じられる真摯な生き様の、最高にかっこいい人間だと思ってきたのに。違うと思いたいけど、否定する要素がなさすぎて。中居くん達他メンに申し訳なくて・・・他メンファンにも合わせる顔がない・・木村何をしやがった

 

 

と、何ヶ月か思っていました。が、木村擁護派の意見を拾っていくうちに、今度は中居派4人に対する憎悪が湧いてきました。

 

 

よく考えると、MR.Sのオーラスコメントの頃から木村の孤立を感じさせる要素は沢山あった。マネージャーとの不和を感じさせるエピソードもあり、木村ファンの間では多少ざわざわしていた。さらにこの騒動で、中居達の裏工作めいた話を聞かされているうちに、今度は腹黒中居&飯島マネの木村ハジキの汚いやり方にうんざりするように。そしてやっとSMAPから逃れられてよかったね、木村って思うまでに変化。自分でも驚きました。結局そんなもんなのですよね、真実がわからないから適当なもんです。いやになります。

 

恐ろしいもので、人間って入ってくる情報によっていとも簡単に洗脳されてしまうものです。だから偏った見方は危険。どちらの言い分もそれなりに正しいですが、かといって逆が全て間違いというわけでもない。そう思います。

双方の支持者のコメを読むうちに、互いを罵り合うファンの言葉に悲しい気持ちになります。どうしても自分の推しメンの擁護要因を探して、相手の間違いをわからせたくなってしまう。

 

 

そして、両方の意見を聞いているうちに、ぐちゃぐちゃな内面を抱えていたSMAPが必死で取り繕って見せてくれていた「虚像」を嬉々として眺め、愛した自分を情けなく思うようにもなりました。

 

そりゃそーだ、客観的にみたら40歳すぎの親父集団の不気味な集まりなんだから。

 

もともとそんなに仲良しこよしじゃないけど、ビジネス仲良しだけれども、それでも楽しいグループ。逆に人間関係ってそんなもんでしょ、って感じが真実味があって最高にいい仲間に思えた。

 

だからこそ稀にこぼれ落ちてくる「絆」めいたメンバー愛や信頼関係を垣間見ると、狂喜乱舞してしまう。

仲が悪いと言われるツートップ、中居と木村のそれなどは、まさに大好物だった。

(それっぽい画像だけで・・たまりません!)

 

人間関係は微妙なバランスの上になりたっていて、崩れやすいのは百も承知。友達や恋人はもちろん、家族だって夫婦だって、長年連れ添って仲良しそうだって、実は全然違ったとか、ささいな事で崩れ去るってよくある話。幸せそうに見えたって、本当の事は本人たちにしかわからないってのは、多くの人が経験している事。それでもめげずに、何度も作り直して、綻びを直して一生懸命関係を続けているのです。

 

だからこそ、SMAPの虚像を信じたかった。

 

もろくて今にも崩れそうだけど、でも繋がっていられる。何度壊れかけようとも、結び直してきた。個性をそのままに出して、バラバラなようでも、あえてそのままでいい。それもいい味。そんな人間関係の理想のモデル。だからこそ今回のショックは富士山崩壊級。

 

 

あっ、これも崩れるんだっていう。

 

 

 

 

今更、不自然にライブなんてやらなくていいし、まして無理に続けてほしいとは1ミリも思わない。

 

 

 

でもね、時折映像を見ると未だに泣けてきます。

彼らが好きでしたから。

 

STAY


『STAY』SMAP  投稿者 nnkimmshi-8

 

 

 

やっぱり大好きでしたから。

 

 

「虚像」な部分も相当あったでしょう。

でも真実の部分も多かったからこそ、このグループは多くの人たちに愛されてきたんだと思います。

 

 

  • 2016.10.13 Thursday
  • 09:30

情報

便宜乗車、この裏技がすごい!

 

便宜乗車って言葉、聞いたことありますか??

私、先日初めて聞き、そしてお世話になりました。

 

こーんな便利なものがあったなんて!!!

 

どうやら内緒にしときたい方法みたいです。

公にはあまり表していないです。

 

そう、これはお金がないとき電車にのれる裏技なのです。

 

でもとても有り難いシステムと思ったので、今回ご紹介します。

ただし私の実体験のみの範囲ですので、そこはご了承下さい。

 

 

で、どういうものかといいますと、「乗車料金を、電車に乗車した本人以外の人が支払える」というシステムです。

 

私の場合、子供が旅行帰りの夜行バスに乗り遅れ、所持金わずかな状態で一晩過ごし、翌日も休日のため銀行に振り込みが反映されないという非常事態に使いました。

 

場所は京都。

 

土曜の深夜の夜行バスで東京に戻る予定の息子が乗り遅れ、京都駅で途方に暮れておりました。

 

聞けば所持金は小銭のみとのこと。

 

 

主人はホテルを抑えようとしましたが、いかんせん連絡きたのが真夜中。予約サイトで空きは探せたものの、ホテルまでの移動手段の交通費もかかるし、翌日を考えると返って面倒臭いし交通費ないとのことで、そのまま駅近ミスド&マックで夜明かしすることに。

 

それで、500円弱使い、残金200円ほど。。。

 

ネット銀行を使い、速攻振り込み処理を行ったものの、土曜日の夜間に実行したので、実際の入金は月曜日まで不可能と朝になって気づく。

 

スマホのカード決済のアプリを登録させ、あれこれ頑張ったものの、結局最後の決済ができず断念。

さらに交番で借りようとしたけれど、お金の借り入れは1000円までと聞き愕然とする。

駅周辺の旅行お助けコーナーみたいな事務所に電話してもみましたが、全くつながらず。

 

万事休す。

 

しかし、前日夜から一睡もせず、前日昼から食事もとっていない息子を思うと、とにかく今は怒りより先に助けねば!と。。

 

ひたすらネットで情報を調べつつ、電話をかけまくり「なんとかなりませんか」とあちこち尋ねまくること30分。

 

何度コールしてもつながらないJRのお客様センターに、しつこく電話したところ、漸く繋がる!

そして「着駅にて代金を支払うことによって乗車できる」との情報をゲット。まじかっ!

 

 

神さま〜!!!と感謝。

 

 

「JRの窓口ならどこでも大丈夫ですから」と言われましたが、

念のため一番色々できそうな東京駅へ向かいました。

みどりの窓口とかいろんな窓口がいっぱいあるし、駅員さんもみんな詳しい人ばっかだろうと。

 

 

しかし、なんと3箇所もたらい回しにされた挙句、東京駅の事務室へ。

JRのみどりの窓口ならどこでもいいって言われましたが、全然違いました。

最初JR東日本の窓口へいったら、JR東海じゃないとダメといわれ、JR東海の窓口へ行ったら、一旦普通に切符を発行されてしまい、再度説明すると、今度はここの窓口ではダメといわれ。どっちも夏休みで混雑する窓口。

切符販売の方も知らないようで、あちこちの窓口へ案内され、その度に走り回りながら、汗だくで事務室に到着。

 

 

そこで、無事手続きを行えましたが、おどろいたのが全て手作業での事務だったこと!

 

担当の職員さんが、京都駅に電話をし、手書きで伝票を書き、その伝票を持って別の窓口へ支払いに行き、京都駅の本人を指定の場所まで移動させ、本人確認をし、ようやく仮の乗車券を渡され、改札通過となりました。

 

それら全て電話でのやりとりで、超アナログ。

 

 

なるほど、秘密にしときたいわけですねぇ〜。こんな面倒なことたくさんの人にやられたら大変な労力です。大迷惑。

伝票ももちろん手書き。

 

 

でもでも。

 

使う方からしたら、とてもありがたかったです。

JR東海、JR東日本、両窓口の担当者の方もおそらく使ったことないのでしょうね。ちんぷんかんぷんな応答でした。

東京駅ですらそうなのですから、珍しいケースなのでしょう。

 

そんな超レアな経験ができて良かった〜。

 

 

ぢゃないよ!!乗り遅れるな!!所持金は帰りまで残せ!!

 

 

と心から思います!

 

ただ何かあったときこの方法を知っているのは大きいと思います。

ネットがあると、ついついなんとでもなると思いがちですが、「日曜の振り込みは日本国内のどの銀行でも不可能ですので」と冷たく突き放された後で、少し過信しすぎだったんだと反省しました。

 

今、息子に新幹線代を少しづつ返金させ払わせております(^^;;

 

しかもこの便宜乗車は、別に親子間でなくても大丈夫みたいです。

本人の代わりに別の駅で支払いできるって、急な用事や、所持金不足で困っているとき誰かに助けてもらえます。

めっちゃ有り難い仕組みです。

 

融通が利くというのは、やはり大事ですよね〜。

 

 

便宜乗車、覚えておくと便利です。

本当に困ったときには、ぜひ。

 

 

 

 

  • 2016.09.05 Monday
  • 10:22

スポーツ

大阪学院大高の大会棄権について

あまりにもむごい。

 

 

正直そう思います。

 

 

一生懸命部活に打ち込んできた高校生を身近でみたことがある人は、誰でもそう思うのではないでしょうか。

 

 

 

管理が甘いとか、ルールだからとか、もちろん正論だけど、それだけで割り切れるものではない。

高校生だからこそ、過ちを救済されることがあってもいいのでは?と感じます。

 

 

 

ただ、謎が多すぎる!

 

 

 

監督なり、コーチなりがすべき仕事?かもしれないけど、普通もう少し他の人もきにするよね?

高校生の部活の大会、初めてじゃないでしょうから、エントリーできなければ失格って知ってるはず。

マネージャーや他の人任せなものなのかな?

 

レギュラー陣はいつも出席しないものってのもあるのかもしれないけど、控えの選手の出場にしろ、それに出る予定の人はいたんだよねぇ?明日よろしくお願いしますとかもないのかな?

 

大所帯の部活ならマネージャーとか普通いるだろうに、いなかったの?気づかなかったの??

部長とかも普通チェックするよね??

 

エントリーできてないですよって連絡きたのに、時間内になんとか人を派遣できなかったのも謎。

本当になんの手段もなかったの??

 

あれもこれもすっごい謎すぎる。ほんとのとこはどうなんだろ?

 

もはや仕組まれた罠??と疑いたくなるレベル。

 

 

とは言っても、主人公のサッカー少年たちの胸の内を思うと、ほんとやりきれないです。

3年生の最後の大会って、どのスポーツもほんといつもの何倍も盛り上がるし、気合が入るものです。

大したことない弱小校だって、先輩も駆けつけて、どの大会より凄まじい気迫の試合ばかり。

強豪シード校ならなおさらそうだったでしょうに・・・

3年間部活動を続けるって、大したことなさそうで結構根性のいることです。そんな子たちの最後の晴れ舞台。親御さんたちもどれだけみたかったことか。自分がその立場だったらと思うと気絶しそうです。

 

もちろん、監督なりコーチなりも想像を絶する思いでしょうけど。

 

ルールがある以上、例外を作ったらいけないという意見も分かるけれど・・・

厳しく守ってこそのルールの意義があると。確かに、ごもっともな意見。

 

でも個人的には、違う見解です。

 

誰のための、何のためのルールなのか?

 

と問いたい。

 

 

これは、教育の一環としての部活動の大会だから。

 

ミスをリカバリーするには、どうしたらいいか学ぶ場であってもいいのでは?

ミスは絶対許されない、どんな場合であっても覆らないことを思い知らせることが、3年間頑張ったこと、そういうこと沢山の何よりも大事なのことなのか。柔軟な対応は不要なのか。邪道なのか?

 

 

そう、思います。

 

 

残念ながら今回の棄権は覆らないとの事ですが、今後のためにも色々議論を尽くしておいて欲しいと切に願います。

  • 2016.08.15 Monday
  • 21:03