Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

時事問題・ニュース・情報

医者嫌い

最近話題のタミフル。

一度だけ子どもに飲ませたことがあった。
特に詳しい説明もなく「はい、インフルエンザ陽性でしたよ。タミフルだしときますから」
みたいな感じで渡された。

幸い何事もなく回復。
でも今、思うとちょっと怖い。。。

もともと病院も医者もキライだ!
自分がかかるのもイヤだが、子どもを連れて行くのはもっとヤだ。

基本、具合悪かったら、ゆっくり休ませようよ。
どうにもヘンだったら医者へいけばいいじゃん。
っていうのが私の考え。

でも、乳幼児や抵抗力の弱い場合、急激に病状が進んで重篤な事態になることもあるから、怖いよね。確かに素人判断は危険だ。
それは分かる。だいたい最初の子なんか、熱がでたらオロオロしちゃうもんだよね。ましてやインフルエンザときけば不安倍増だろうな。

でも2児の母となった今や、その辺の医者より自分の子どもについては正確な診断ができる!と言っちゃいたいくらい自信あり!
だから、ちょっとやそっとじゃ医者にはいかない。今はネットが便利だからね。情報収集もできるし、ネット診察なんかもあったりする。

あんなバイキンだらけのところへワザワザ弱っているわが子をつれてくものか!!って思います。だから多分今、自分の子どもがインフルエンザって診断されてもタミフルは断るね。時間かかっても自力でなおさせようと思う。
私が罹ったら?もちろんお金のかかることは致しません。すごく大変だろうけど、自力で治してみせる!!(かかったことないから言えるだけかも?)

で、思うんだけど、インフルエンザの診断ってさ、あの綿棒みたいなやつで検体をとって、10分くらいで反応でるやつ。あれをさ、薬局とかで売ってくんないかなぁ?そしたら、わざわざ病院いかなくても、診断の目安になるし、便利だよねぇ?どうでしょう、製薬会社さん?

  • 2007.03.01 Thursday
  • 13:09

時事問題・ニュース・情報

不思議な水

皆さん、不思議な水って知ってますか?

一言で言うと

「ビミョーな塩水」

この間、テレビでみて初めて知ったんだけど、淡水魚と海水魚が同居していられる、微妙な塩分濃度の水みたいです。

作り方もとっても簡単で、カリウムとナトリウムとあとなんか?を足して混ぜるだけ。

軽井沢で魚の養殖を!なんて唄い文句だったかな。

面白いじゃん、それー!

うちはメダカやら金魚やらを飼育しているんだけど、ヤツラが病気になると、薄い塩水に病気患者をいれて治す、っていう処置をした。本にそうしろって書いてあった。

なんか浸透圧がどうのこうので、病気が治るとか。。。
だから少しの塩分だったら淡水魚もオッケーなんだなぁ、とは思ってた。
その「不思議な水」も同じような治癒力があるらしい。

その水を使うと、従来の養殖よりずっと低コストで運営できるらしく、お魚好きな日本人にはうれしい限りハート

発見者?いわく「いつかはマグロを養殖したい」と言ってた。
でもまぐろって回遊魚だからすっごい広い場所が必要だよねぇ?
水は大丈夫でも、場所どうすんの?

まてよ?淡水魚と同居できるんだから、どっかの山にグルグルの川?でもつくってそこに川魚とともにマグロちゃんにすんでもらう?
それともどっかの流れるプールに入ってもらって、狭いけど何周もまわって
いただく?

なんか楽しそう汗

がんばってね、先生!おすし屋さんで待ってるハート


  • 2007.01.24 Wednesday
  • 10:11

時事問題・ニュース・情報

ガンジー思想100周年

さっき新聞のニュースで「非暴力・不服従の思想100周年」という記事を読んだ。久々にガンジーの名をみた。

尊敬する人物を一人あげろと言われたら、迷わず「マハトマ・ガンジー」の
名を挙げる。本当に心から偉大な人だと思う。

彼のことを教科書で習った人は多いだろう。インド独立の父。非暴力、不服従の思想。テストに答えられるよう、みんな覚えたよね。私ももちろん、そこで初めて彼の名を知った。そしてそのときは特に感想なし。尊敬の意もなし。歴史上の人物として、世界史における一つの出来事として覚えただけだった。

彼に心からの賛辞と尊敬を覚えたのは、映画「ガンジー」を見て以来のこと。色々とインドに縁のあった私が、ふと目にした映画。それがガンジーであった。見終わって、深い感動につつまれた。

ガンジーすっげぇよぉ〜!!あんたすげー!拍手

非暴力・不服従ってさぁ、言葉では理解できるけど、それがどういうことかって分かるのはすごく難しい。やはり映像で再現されると、ダイレクトに響くよ。自分に不条理な暴力を振るってくる相手に、殴り返さない、文句も言わないってさぁ、ありえないよね?だけどさぁ、彼は延々とやるんだよ、それを。どんだけ心が強いんだろう!?人間とは思えないよ。

キリストが「右のほほを打たれたら、左のほほも差し出せ」って教えたっていうじゃない?今それを実行できるアメリカ人っていると思う?アメリカ人って言うこともないんだけどさぁ、最近の9.11テロ特集でよくアメリカのことが取り上げられるので、ついつい。。今道行くアメリカ人をひっぱたいたら、殴り返されるか、撃ち殺されるか、はたまた訴えられるかで、95%は超えるだろうな汗

アメリカ人なんて遠いところの話でなく、私なんて自分の子供にも言っちゃってる。「何?○○君にやられた?なぜやり返さない?闘え!速攻やり返せ!」とかさ。やられたら、やりかえせって平気で口にしちゃうんだな。

前はね、「やられたからって、すぐやり返したらいけないよ。そんなことしてたら、いつまでも仲良しになれないよ。」なんてもっともらしく言ってた。でもね、それは自分の子供が攻撃側でいることが多かったことの話。

人間弱いもんで、自分の立場が強いうちはもっともらしくいいことを言える。

やられガチになったり、不条理な攻撃を受けて、自分の立場が弱くなってくると、とたんに卑屈になってくる。「ぜってぇ許さん!」やられたらやり返して、二度と相手が攻撃する意欲をもたないように闘って来い!ってオドロオドロしい方向に行ってしまう。。

さながら「右のほほを打たれたら、右と左の両方のほほを打ち返してこい」って感じか?怖い怖い、なんて恐ろしいんでしょ汗

だけどね、人間って残酷だからね。子供がいうには「やりかえさないやつは、ターゲットにされ続ける」んだって。たぶん、実際そうなんだろう。
先ほどの新聞の記事にも「ガンジーの思想は、良心をもった相手には有効である」と書いてあった。やりかえさない相手に対して、まったく良心の呵責なく暴力をふるい続けられる人間、って存在しちゃうんだろうな、認めたくないけど。。何がそうさせるの?環境なの?経験なの?生まれてくるときは、間違いなく無垢で純粋な心だろうに、なぜだろう。。。

ガンジーの思想はものすごい素晴らしい思想で、非の打ち所がないのだけれど、この思想を実現するためには、色々な手段が必要だろうな。映画のようにただただ不服従だけでは、うまくいかないような。。

昨今の殺伐とした世界情勢をみてると、このまま永遠に世界平和など来ないのでは?と悲観したくなる。

「非暴力・不服従」の思想をみんなで軸にして話し合えば、もう少しうまくいくのでは?と。。

かくいう私も小さな暴力すら許せない、情けない母親。思想に共鳴しながらも実行できないよ。。

言うは易し、行なうは難し汗

  • 2006.09.12 Tuesday
  • 12:55

時事問題・ニュース・情報

レバノン

連日のニュースで伝えられているレバノン情勢。とても気になっています。


 イスラエルに対する非難が日々高まっていく。怖い。どうしてあんなになってしまうのだろう。内戦が始まってから、随分前からレバノンに平和などなかったと認識している。私がイスラエルに行った20年近く前から、ずっと。でもまだあのときはましな方だった。昔ヒューマンリーグの「レバノン」って唄が気に入ってよく聞いていた。エルサレムのディスコにいったときも「レバノン」の曲がかかっていて、軍服の人たちが銃をさげたまま、その曲で踊っていた。あれから何も良くなっていないのか。ひどく混迷した状態のまま国家は存続していたけど、きなくさい戦争の臭いがそこここに充満したままなんだ、


きっと。いかにむちゃくちゃな状態で存在していた国かっていう本を読んだことがあった。でも時がたてば少しづつ良い方向に進んでいくのでは?なんて甘い考えでいた。やはり根底にある様々な問題をじっくり解決していかない限り、平和は無理なんだろうな。中東に和平は永遠に訪れないのだろうか?みんなイスラエルのせいなのか?そうではないと思いたい。せめてこの戦争によって、問題点が浮き彫りにされ、今後の平和と安定への足がかりになって欲しい。



私みたいな何も分かっていない者が何を言ってるのやら、と笑わないで欲しい。あの国々の抱える真の問題点と姿を把握している人なんていやしないだろうから。でも理解したいし、心から平和を祈ることはできる。どうか世の中の金の亡者どもの為の戦争が、これ以上起こらないように。犠牲になる人がいなくなるように。 


 でも正直に言うと、時々不安になる。本当に世界中が平和に満たされるときなんて来るのかな?って。私が神さまだったら、ノアの箱舟の話みたいに、「いったん全部流しちゃおう!」ってリセットしたくなるな、きっと。
  • 2006.07.31 Monday
  • 10:22

時事問題・ニュース・情報

がんばれ、名城信男!

このあいだ名城信男という名をはじめて聞いた。報道ステーションの特集だった。
心が洗われたような気がした。
 なんて素晴らしい人なんだぁ〜!!ほんとにあんな謙虚でつつましいボクサーって存在するんだ!あー、すっごい好き!亀田兄弟はあれはあれで否定しないし、ヤリスギが好きな私は、あれくらいの勢いも好感触ではある。でも、激しく対照的な名城信男さんの生き様にほれぼれしてしまう。あんなに謙虚でいられる、ってのはよっぽど強い男なんだ。普通の男は自分の弱さを隠したくて大口を叩く。(と勝手に解釈)ボクシングなんてどんなに強い選手でもやっぱリングに上がるの時に恐怖感はあるだろう。だって殴り合いにいくんだもんね。だからその恐怖に勝つために、自分を鼓舞するように激しい言葉を並べるのかなー、と思う。なのに名城さんの「いやー、強そうです」って汗なかなか言えない言葉だよね。
対してビッグマウス亀田兄弟は、実力をとやかく言われてるようだけど、今までのトレーニングの積み重ねは物凄いものだよねぇ?マスコミに煽られて確かに騒がれすぎの感はあるけど、ボクシングに対する一途な姿勢とか取り組みは素晴らしいと思いませんか?小さなころから必死で家族でがんばってきた彼らにも応援を届けたいです。で、恐ろしく対照的な名城さんにもどうか沢山スポットライトがあたって欲しい。そういうの苦手かもしれないけど、恐れずに日の当たる場所へどうぞ。彼を見ていると、今の日本人がなくしつつある美徳の塊に見えて、世界に誇りたくなる。これからもがんばってください、名城信男さん!!
 ついでにちょっと付け加えると、SMAPの草なぎ君にも、同様の美しさを感じてます。私は拓担ハートなのですが、最近のツヨポンを見てると、謙虚で飾らず、驕らない姿勢で努力を怠らない、拓ちゃんと対照的な輝きを感じます。でもね、こっちは拓哉派なんだなー、これがハート
いやいや、彼も自らを「凡人」と位置づけ、そこから努力を怠らないで精進する姿がキラキラ眩しいです。ツヨポンもがんばってね〜。
 こういう日本人の美徳を備えた人がどんどんマスコミに出てくるといいなぁ。
  • 2006.07.27 Thursday
  • 20:47

時事問題・ニュース・情報

ヒデ

ワールドカップが終わった。
いや、日本だけさっさと終わっちゃった。
今朝の試合は見なかったが、ニュースでヒデがグランドで長々と寝込んでいる姿をみた。特に彼のことを好きでもキライでもないのだが、今回の大会を通じて、自分と似ているなーと思うところが多々あり、最後に伸びきった彼をみていて切なくなった。
 どうにもチームになじんでない。一人浮いてる。各種のインタビューでもジーコに並ぶのはいつもキャプテンでなく、ナカタ。コメントもキャプテンよりナカタ。別に彼が悪いんじゃないけど、自然にそうなっちゃうなら、キャプテンを引き受けるべきではなかったの?と思ってしまう。
 人付き合いが苦手な彼。わかるよ、すっげーわかる。私も大の苦手。「個人技のスポーツの方がむいている」それもすっげーよくわかる。私もそういうタイプで、中学時に団体競技をやってたが、「向かない」ことを強く感じて、個人競技に変更した。みんなで協力して、みんなの気持ちを一つにして、そういうのが苦手なのだ。彼は自分に向かない、「みんなをまとめる」っていう作業を否定して、自分のできる、やり易い方法を選択した。でも結果はでなかった。出せなかった。チームの不協和音が響いた。
 たぶん、未熟なんだと思う。一生治らない未熟さ。私も未だに治らん。なるべく表面的には困らないように、努力はしている。だけど、どうにも人付き合いを避けたくなる。ごく親しい人以外とあまり交流したくない。別にキライとかいうんじゃなく、苦手なのだ。自分を受け入れてくれて、自分が信頼できる、ごくわずかな人間としか、絆を結べない。より多くの人間とより豊かな絆を結ぶために努力することができない。相手の未熟さを受け入れられない。だから一人でいたほうがよっぽどラク。どうでもいい相手と一緒にランチするくらいなら、一人で立ち食いソバのがよっぽどいい。こういうところが人からみたら、ドライでとっつきにくく見えるのだろう。よくクール、冷たい、ドライとか言われたもんだった。彼が食事の時間を遅らせてみんなと一緒には食べなかったというのもよーくわかる。ヤなんだよね、そういうの。でも、団体競技でチーム内の雰囲気を作ろうというときにそういうヤツがいたら致命的だろうな。一人でブチコワシ。逆にみんなの息があった時のパワーもすごいだろうけどね。
ヒデはイチローになれなかった、って記事を目にするけど、そんな言葉も彼にとってはハタ迷惑でイヤだろうなー。孤高のヒーローってとこで並べたがるけど、私は聞いていて非常に心地悪い。イヤな言葉だ。ヒデはヒデなんだから、イチローと比較すんなー!!
 なんかまとまらんが、今日はここまで!!
  • 2006.06.23 Friday
  • 20:27

時事問題・ニュース・情報

がんばれ、本村さん!

がんばれシリーズ?7人目は山口母子殺害事件で闘ってる本村さん。
初めてこのニュースを聞いたときも、なんてひどい犯人だろうと思った。でもこの事件そのものより、一人で闘っている本村さんの姿があまりにも印象的で記憶に残る。彼の言い分はあまりにも正当で、寸分のあいまいさもない的確な表現で訴える。まったくなぜ死刑判決がでないのかわからん!
 確かに人の死を願うのはいけないことかもしれない。あの死刑反対論者の弁護士が人間として全く更正の余地ない人間などいない、って思う気持ちもわからなくもない。もちろんすべての人間に良心はあると思う。人間は何度でも精神的に生まれ変われると思うし、やり直して有意義な人間になれる可能性もある。だけど、実際にどうだろう?犯罪者の更正、精神的教育がしっかりされている現状がどこにあるのだろう?とりあえずしばらく牢屋にいて自分をみつめていれば治る?全く逆じゃない?自分をこういう状況に陥れた被害者を逆恨みしたり、次はうまくやろうとしたり。こんな現状のなかでは改心する可能性がいくらあっても、実現は無理だろうに。ましてこの事件の犯人は、案の定、塀の中で自己保身のことしか頭にないようだし。あの手紙を差し出した勇気ある友人の行為がなければ、もっとあっさりと出所しちゃってたかもしれないと思うと、ゾッとする。本当に更正させるなら育ってきた年数と同じだけの年月が必要なのでは?そして彼に愛情と命の尊さを一から教えなおす、つきっきりに先生をつけられるの?不可能なレベルでしょ、彼は?
 毎回本村さんの話を聞くたび、本当に胸が詰まる。どうかがんばって欲しい。あなたは正しい!妻と子を守れなかった無念をどうか晴らしてください。そして新しい、穏やかな人生を送らせてあげたいです。
 もし自分が本村さんだったら、この裁判に勝てなかったら、迷わず敵うちしますよ、ええ、迷いなく絶対に!!っていうかそれ以前に裁判中に生霊となって被告の首絞めにいく。絶対何度も夜中に夢枕たったる!!
 なんか怖い展開になってしまいました汗
とにかくこの裁判が彼の勝利で終わることを祈ってやみません。
がんばれ本村さん!
  • 2006.04.20 Thursday
  • 10:55

時事問題・ニュース・情報

ハーレムってダメ?

ガイアの夜明けをみた。今日は結婚しない男達の話。このテの話でいつも思うのだが、結婚しないのがそんなにいかんか?自然淘汰なんだからいいじゃないのよっとジオは思う。子孫を残す、残さないは意外に遺伝子に刻まれちゃってる人類の機密情報だったりしない?本当はすべての男女に理想の組み合わせが存在して、お互いのニーズを満たして人間を高めあう関係を作れるはず、って考えがいかんのでは?女性の場合は未婚の理由に、自分を犠牲にしたくないっていうのを良く聞く。だろうね、わかるよその気持ち。「便器」発言しちゃった私としてはよーくわかる。今まで自由奔放に、自分中心に生きてきたんだから、急に変われないよね。妻業の多くは奉仕を要求されるからね。ま、一番のご褒美といったら母親っていう人間を作る作業がやりたい放題できるってことだろうな。思い通りにはなかなかいかないけど、やりがいはかなりある。だけど子供に必ず恵まれるってわけじゃないし、やっぱ結婚に躊躇する心を責める気にはなれない。
で、男性はどうかっていうと、どうやらめんどくさいみたいだ。それも分かる。だって今結婚しなくたって楽しいことたくさんあるし、なんか親のためにとか社会的立場とか、そういうのがなかったらホンとはしたくなかったって人もたくさんいるだろうな。しなくちゃいけないとは思う、とかって変だよ?いいよ、別にしなくったって。したら世界が広がるとは思うけど、あまり必要を感じないなら、それは遺伝子がNOと言ってるんじゃないの?少子化問題が心配っていうけど、それもこの国の宿命。こうして人口が減って国が衰退していくのも自然現象じゃない?何か間違いがあってだから衰退しちゃうんだろうって思うな。教育だったり、政治だったり、国が発展していく上で大事な何かが欠けてるんだろう。それとも単に増えすぎた人口を減らしたい地球の意思か?!
理由はともあれ、少子化対策の一つに合法ハーレムってのはいかがでしょう?イスラム教と違って男女とも重婚おっけーにしちゃう!だって拓ちゃんみたいな男ならすぐ結婚してもいい、って女はたーくさんいるだろうし、彼みたいな人ならたくさんの女性を満たせるだろうハート。絶倫そうだから少子化もぶっ飛びそうだとは思いませんかぁ??対して男性も超魅力的なとびっきりの女性なら他の男性と共有してもいいかと思ったりしないかなぁ?うーん、色々問題はありそうだけど、やっぱダメかな汗
  • 2005.12.20 Tuesday
  • 23:27

時事問題・ニュース・情報

がんばれ、270億円損失みずほ証券の担当者!

 

がんばれシリーズ5人目(くらい)??は、みずほ証券の担当者に決定!!

 

 

 

しかしすっごいなぁ!270億円の損失を一人で出しちゃうってありえねー、普通汗

 

 

担当者の入力ミスがそのまま通っちゃうシステムが一番悪い!!とは思うんだけど、

入力ミスに気づいた瞬間どんな気持ちがしただろう?

 

真っ白?

 

それとも瞬時にリカバリー手段を頭が駆け巡るのだろうか?

 

 

私はシステム関連の仕事をしてたので、自分の入力ミスやシステムのミスで業務障害やら、トラブルやらで客先に頭をさげることはよくあったが、金銭的損失を発生させるまでにはなかなかいたらなかった。

 

たまにどこかで発生すると、それは深刻なムードが社内に立ち込めたものだった。

しかしここまで大規模だとパニックを通り越しちゃいそうだよね。しかも犯人というか原因がはっきりしてるから、もう逃げようもないし、270億円なんて減給とか担当者の解雇とかってレベルじゃないよね。

 

でもやっぱ解雇されちゃうんだろうか、担当者さんは?もしかしてわざとやってたってことはないよねぇ?

入力ミスなんて誰にでもあることだし、今までだってゼロだったとは思えない。

なのになんで今回ここまで大規模にやれちゃったってのが不思議でしょうがない。

 

 

1円で61万株かぁ。すっげぇ〜なぁ、しかし。その入力画面、みてみたいぞぉ。

 

初めての操作だったわけじゃないだろうに、魔がさしすぎ!?何はともあれ、事後処理後は謝罪しまくりの日々を送るんだろうけど、あまりひどい目にあわないといいね。

 

きっと優秀な人だからそんな大金処理できたのでしょう。

 

 

しばらく休んだら立ち直ってちゃんと社会復帰。

 

がんばれ、みずほ証券の担当者さん!!

 

 

  • 2005.12.09 Friday
  • 13:04

時事問題・ニュース・情報

異文化交流の極み! 家族交換ゲーム

異文化交流って一見楽しそうな言葉に思える。だが実際はどうだろう?


自分と違う習慣や考えに触れると、心地よい刺激をうけて最初は快感に思う。しかし、長い間続くとどうにも不快感が増すこと多い。

(私だけか?)快感に感じるころは、相手を尊重してあげることができるが、不快に感じるころには見下したように接してしまう。自分と異なる習慣、思想を受け入れるってのは予想外に難しい。異なる国との間の国際交流でもそうだろうし、極小サイズは自分と他人でもそうなんだろうと思う。恋愛、結婚、親戚づきあい、友人関係。みーんな異文化交流だと思う。


なかには相手と融合し、協調しながらうまくやれる人もいるだろう。が、ほとんどは時間の経過とともに不快感を増してしまうのが現実ではないだろうか?比較的うまくいきがちなのは、友人関係だと思うが、これは適度な距離を保てることと、お互いが選択しあった人間であるからうまくいくことが多いかと思う。親戚は距離は保てるが、お互い選択の余地のない関係なので、相性が悪いとキツイ関係。恋愛は結婚の準備と思えば失敗しても、まいっか?だいたい自分と正反対の面にひかれたりして、つきあいはじめて、あまりにギャップが激しいと途中でついていけなくなって、異文化交流の難しさを体得。

そしていよいよ本番、結婚生活。


これこそ、みーんなが体験するザ・異文化交流!だって毎日一緒にいるんだもん、生活の細部に渡って違う文化に触れてなきゃいけない。ときには自分の文化を捨てることを強要されて相手に融合したり、自分の文化を受け入れてもらうため、あれこれ対処が必要になる。お盆の帰省で実家に帰ったりした人も多いと思うが、兄弟の家族と一緒にすごしたりすると、血族チームは非常に心地よいだろうが、非血族チームは文化の違いに苦しむ。まさに異文化体験!親戚やら結婚相手との異文化交流も大変だが、家族単位での文化も知らず知らずにできあがっている。



昨日テレビで「母親交換」ってのをやっていた。2組の家族の母親を交換して、お互いの良いところや悪いところを発見しよう、という試み?らしい。これはすっごい面白かった!


それぞれの家族の生活ルールを体験してみると、母親は相当カルチャーショックをうける。もちろん同じ国の人が対象よっ!?自分の家の常識は他人の家ではまったく通用しない。2週間の滞在期間で最初の1週間は相手のルールに従い、次の週は自分のルールに従ってもらう。最初にカルチャーショックをうけた後、次は相手にカルチャーショックを与える。どっちの家族も子供はそこそこ順応していた。相手を受け入れ、変化することができた。相手を憎むこともなく交流を深めていた。問題は大人。相手を受け入れないどころか、番組の主旨も忘れ、異文化への攻撃を始める。


なるほどここに異文化衝突の現場を見たぞぉ!!


それでも若干の変化はあったが、子供のように素直に相手の文化を受け入れることはできないようで、気まずいまま番組終了。これは日本の家庭でも是非やってみて欲しいと思った。ジオも自分の生活様式の改革のために、やってみたい。つらい体験になるのかもしれないが、自分を変えるには良い刺激になるだろうし、家族にも刺激になるだろう。最初に書いたように、長い時間になると衝突が顕著になってしまうだろうから、カルチャーショックが快感であるうちに終わるような、そんな異文化交流をしてみたいし、家族にもさせてみたいなぁ。

きっと子供はうまくいくと思うが、旦那は異文化を受け入れそうにないなバッド、とほほ。
  • 2005.08.16 Tuesday
  • 11:30