Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

情報

ホットペッパービューティの使い方

 

ホットペッパービューティ。

 

マツコデラックスさんのCMでお馴染みの、美容系予約サイトです。

 

私はガンガン使っておりまして、ポイントを常に意識しながらネット予約を活用しています。

ヘアサロンはもちろん、リンパマッサージ、エステ、整体などなど。

女性は特に使い手のある予約サイト、登録しておいて損はないと思います。

 

 

しかしながら、使い方がよくわからないとか、登録方法がわからないのって話を以外に聞くのです。

 

 

今回はそんなお悩みをお持ちの方のために、使用方法と登録方法について、具体的に説明します。

そう、実はこれ、リアルなお友達対応の記事になってます(⌒-⌒; )

なので、非常に基本的な手順からのご紹介です。

 

ではいきますよー。

 

1)ホットペッパービューティー に登録する。→リンクをクリックして表示されたサイトの右上に無料登録のボタンがありますから、そこで、メールアドレスを入力して、認証コードをもらって、登録します。スマホでもPCでも大丈夫。

 

2)行きたい店を検索する。→希望のカテゴリ(ヘアサロン、エステなど)、地域、サロン名などどれでも検索できます。それぞれの店の口コミもありますから、じっくり読んで選べます。私は基本自宅近くの店をさがしてますね。

 

3)希望の施述メニューを決める→各店お得なクーポンがありますから、是非活用しましょう!特に新規は格別サービスが沢山。

 

4)予約画面を開いて、空きを確認して、該当の日にち、時間をポチっとする。

 

5)予約完了。キャンセルしたいときは、だいたい前日までならネットでキャンセル可能です。当日の場合は電話で連絡。

 

あとはたまったポイントを使う!くらいでしょうか。

ね、簡単ですよねー。とりあえず最初の登録さえちゃんとできれば、あとはスイスイいくはず。

 

私は口コミを一通り読んでから新規店を選んでますね。

新規の方が、割引率が高くてお得なことが多いのでどうしてもそっちを重視しちゃいます。

 

継続でのサービスも充実していたり、すごく気に入った店はもちろんリピートしますけどね、やはり醍醐味は新規です!

基本そのためのサービスでは?とさえ思えます。

 

ホットペッパービューティー

 

夜中でも早朝でも空いてる時間にいつでも予約できるって、ほんと便利です。

 

 

 

 

 

  • 2017.01.16 Monday
  • 21:47

自分

義母の認知症介護

 

認知症の義母を2日間介護しました。

 

もともと仲は良かったので、一緒にいることは苦ではなく、楽しく過ごしました。

 

でも

 

2日だからできただけ。

 

もっと長かったら絶対無理です。

 

 

それでも、もう帰ってしまうのかと涙を流して惜しんでくれる。

そんな姿に胸が痛みました。

優しく抱きしめて、また来るからねと告げて帰途につきました。

 

 

何が辛かったかというと、自分自身との葛藤。

これが一番きつかった。

 

無力な人間を前にすると、人間って本性が出てくるものです。

 

義母といる間中、私は醜い自分自身の心と向き合わなくてはなりませんでした。

それが一番苦しいことでした。

 

同じことを何度も言うとか、奇妙な行動を繰り返すとか、そんなのはどうってことなかった。

私にとっては軽く流せること。

 

苦しかったのは、なんとか得をしたいと思う自分との戦いだった。

 

お財布の中のたくさんのお金は全て、私の思い通りに使えた。

お札を抜こうと思えば抜けたし、好きなものを買わせようとすればそれもたやすくできる。

恨まれることもなく、非難されることもない。

仮に何かしたところで、どうせすぐ全部忘れてしまうし、現実と妄想が入り混じった状態の人が何を言おうと

「そんなことありません。事実無根」

の一言で済んでしまう。

 

そんな状態の中で、清く正しくあろうとすることが、とても大変なことだった。

 

日常であれば、こんな葛藤を味わうことはまずない。

盗みをすることもないし、ずるいことも、ほぼ?してない。

割と忍耐強く、道徳心と倫理観に制御されて生きている人間のはずだった。

 

なのに相手が無力というだけで、人間はこんなにも汚い心になれるのかと、ぞっとした。

 

この財布を預かって、滞在中自分の欲しいものを好きなだけ買える。

この封筒の中のお札を何枚か抜いても、誰にも気づかれない。

黙って抜き取ってもいいし、罪悪感を軽くするために一言かけて抜き取るもよし。

何でもやりたい放題なのだ。

これだけ我慢強く、認知症患者と接して奉仕しているのだから、少しもらってもいいんじゃない??

 

 

恐ろしい自分の心に、何度も寒気がした。

 

 

抑えても抑えても、ぬくぬくと頭を持ち上げてくる欲望。

私は偽善者だ。

善意を装って、実は真っ黒な心をもってたんだ。

 

そんな自分と、ずっと戦い続けて2日間を過ごした。

お金が欲しい。。誰にも迷惑かけないんだから、2枚くらいいっか。いや1枚なら。。。

 

結局、私の欲望の塊は、ちょっと高級なケーキ2ピースで昇華され、ことなきを得ました。

義母と一緒に美味しく頂いて、なんとかしのぎ切れた。

甘いもの万歳!

 

 

しかし義理の母とはいえ、身内に対するこの体たらく。

 

これが赤の他人であったら、どうだっただろう。

ずるいことせずに、不正をせずに、正義をもった行動ができるだろうか?

介護という職は、本当はいったい誰がやるべきなんだろう。

普段、心清く過ごしている人でも、すごい魔との戦いになるんじゃないかなって思います。

 

介護職、できる人は天使。

 

 

  • 2017.01.12 Thursday
  • 09:57

エンタメ

この世界の片隅に 感想

 

映画「この世界の片隅に」を見てきました。

すっごい映画です!ほんとにすっごかった。

今、世界の紛争地域で暮らしている人たち全員に見せてまわりたいです。

上映会してまわりたい。そんな衝動に駆られました。

 

心のかなり深いところをえぐられて、ちょっと重症・・・

内容は相当重いですから。正直苦手。でもそれだけではない。強さと希望としなやかさ。

だから評価が高いんでしょうね、納得です。

 

前評判の高かった映画ですが、詳細はよくしらないまま戦争アニメ?みたいに思って映画館に入りました。

夜の会なのにめっちゃ混んでました。そして映画が終わってもみなさんなかなか席を立ちませんでした。

みんなずっしりきてたんだと思います。

 

以下、ネタバレしつつ感想。***********

 

主人公の独特な声は、能年伶奈さんあらため「のん」さん。

ふんわりした独特のしゃべりかた。

これは好き嫌い別れると思うのですが、主人公のイメージとはぴったりです。

 

最初はほわーっとしていて、ずーっとこんな感じに淡々と語られるのかと思いきや、途中から加速して展開していきます。

 

おおらかな主人公のすずですが、少しずつストレスにさらされ、心身に異変をきたしてきます。

結婚相手の周作が優しいことだけが救いの日々。悪化していく戦況、空襲の恐怖、日々の生活の苦しさ。でも持ち前のおおらかさとポジティブさで耐え忍びます。

 

慣れない土地での不便な生活、意地悪に見える姉との確執、そして姉の子供の面倒をみている最中に爆死させてしまい、自分の右手も失い大怪我を負う。怒り悲しむ姉の暴言。

この辺で彼女の理性は崩壊の危機へ。

 

そして広島長崎への原爆投下による、終戦。

 

 

ボロボロになった彼女ですが、最後にみんなの優しさに触れ、広島でついてきた身よりのない少女を引き取り、これが結果的にこの家を明るく、幸せに導いてくれます。

 

いろいろな伏線があるのですが、どうやらこの少女は昔彼女がスイカをあげた「座敷童」だったみたいです。

 

私が一番衝撃的だったのが、すずの夫周作が、すずを他の男と二人で過ごさせるために家に鍵をかけたシーン。

幼馴染の男、水原が、すずを訪ねて海軍の制服をきてやってくるのですが、宿を貸し出すときに、わざわざ離れの納屋を用意します。

仲よさそうなすずとの様子をみて嫉妬しているようだったので、あれ、意地悪?と思いきや。

 

なんと、彼のもとへ暖房機器をもっていくようにと指示するのです。そしてゆっくり話すようにといって、すずを家からだし、直後に鍵をかけるのです。

 

ええ??どういう意味??

 

 

と思ったら、やっぱそういうことでした。

水原はすずが好きで、すずも水原が好きでした。夜二人で話すうちにそういう雰囲気に。

特にすずも拒否しないので、???と思っていたら、今は違うと!やめ!となり、ほっとしました。

 

でもいくら生死をさまよう兵隊であっても、自分の嫁を差し出す??

ちょっとびっくりしました。

 

のちにこれも周作とすずの仲を深めることになり、色々全てがうまくいくのです。

登場人物、みんなそれぞれ癖はあるけどいい人ばっかり。

みんなで笑いあって暮らせる。

それが如何に普遍的価値のある宝物か。

戦争経験のない若者、子供、そして、今苦しんでいる世界中の人々にこの映画がみてもらえるようになってほしい。

心に響いいても響かなくても、いいと思えなくても、何か伝わる気がします。

そして、今この平和な時代に生きていることに、本当に感謝が湧き上がります。

なんて幸せなんだろうっておもわずにはいられません。

多くの犠牲の上に作り上げられたこの貴重な平和を、めいっぱい幸せに生きなければバチが当たる!

 

間違いなく、今年一番の名作!!!

 

 

 

 

 

 

 

  • 2016.12.26 Monday
  • 12:04

子育て・教育

高校で遅刻すると、どうなるか

 

長男は私立高校、次男は都立高校に通っております。

長男はほぼ遅刻しませんが、下のはよく遅刻するのです。

 

遅刻した場合の対処は、学校によって違うのでしょうけれど、あまりに対照的なので驚きます。

 

 

 

まずは、長男の通う私立高校。

 

→学校生活の記録に「遅刻」と記入されるだけ。

特に何回あったら罰とかいうペナルティはなし。親にも連絡なし。本人もお咎めなし。

 

なのでお気楽に遅刻可。ですが、登校するべく、朝家を出たにもかかわらず学校についていなかった場合なども全く学校は関与しないんだそうです。女の子のお母さんが保護者会で質問した際に先生がはっきりと返答してました。保護者全員固まりました^ ^。

何かトラブルにあっていても、わからないということだそうです。心配なら、事前に登校確認メールを親子で決めておくなどの対処をしてくださいとのことでした。

 

なかなかの徹底した放置です。

 

 

 

対して、次男の通う都立高校。

 

→遅刻すると、担任の先生から電話がかかってきます。3回遅刻で、一ランク上の指導が入り、本人に早出のペナルティが課されます。それの上はどうなるか、今のとこわかりません。

 

本人に罰はガンガン与えてくださってウエルカムなのですが、毎度保護者に電話って結構なものです。正直先生も面倒臭そうでした。

ですよねー、高校生にもなって遅刻しましたって電話しなきゃならないって。

 

そんな親と教師の「なんでだよ」の思いをよそに本人が一番ひょうひょうとしているし。そもそも悪いと思ってない。

 

都立高校だから、どこの学校も同じような指導をしているのかな?

それともうちの学校が厳しめなのかな??

 

 

まぁ、遅刻しないにこしたことはないけれど、同じ高校でもこんなに違う対応なのかとしみじみ思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

  • 2016.12.19 Monday
  • 10:59

SMAP

SMAP解散4。私はやっぱり好きでした。

中年のおじさんが、人間関係でもめて勤続25年の会社を辞める話。

でもね、ただの中年のおじさんぢゃないんです。

 

 

めっちゃ多くの人に愛されてきたおじさん達なんです。

 

 

もはや解散危機ではなく、解散となり。

穏やかに最後の時を待つ。

そんな状態の今。

 

改めて、色々思うことがあります。

 

 

 

ここに来て色々頑張っている文春に180度方向転換して敬意を払いたくなりました。

以前は悪く言ってごめんさない。真実を、ただ真実を報道しただけの第三者だったのに。

どうか、真実を暴き出して教えてください。一体彼らに何があったのでしょうか。

彼らの口からも、事務所からも、関係者からも直接語られることは永遠にないでしょうから、情けないけど第三者だけが頼り。

 

 

どうでもいい、なんて建前です。

 

 

本当は凄く真実を知りたいです。

 

 

 

25年も続いたSMAPが、なぜこんな形で終わることになったのか。

 

 

裏切り者木村 VS 中居派4人の構図。

最初の報道を聞いて、木村を信じられなくなり、一気に冷めていきました。

あいつのせいでこんな混乱に。そんな奴だったとは。。。もともと嫌われるタイプで、うざいところも多いけど、信じられる真摯な生き様の、最高にかっこいい人間だと思ってきたのに。違うと思いたいけど、否定する要素がなさすぎて。中居くん達他メンに申し訳なくて・・・他メンファンにも合わせる顔がない・・木村何をしやがった

 

 

と、何ヶ月か思っていました。が、木村擁護派の意見を拾っていくうちに、今度は中居派4人に対する憎悪が湧いてきました。

 

 

よく考えると、MR.Sのオーラスコメントの頃から木村の孤立を感じさせる要素は沢山あった。マネージャーとの不和を感じさせるエピソードもあり、木村ファンの間では多少ざわざわしていた。さらにこの騒動で、中居達の裏工作めいた話を聞かされているうちに、今度は腹黒中居&飯島マネの木村ハジキの汚いやり方にうんざりするように。そしてやっとSMAPから逃れられてよかったね、木村って思うまでに変化。自分でも驚きました。結局そんなもんなのですよね、真実がわからないから適当なもんです。いやになります。

 

恐ろしいもので、人間って入ってくる情報によっていとも簡単に洗脳されてしまうものです。だから偏った見方は危険。どちらの言い分もそれなりに正しいですが、かといって逆が全て間違いというわけでもない。そう思います。

双方の支持者のコメを読むうちに、互いを罵り合うファンの言葉に悲しい気持ちになります。どうしても自分の推しメンの擁護要因を探して、相手の間違いをわからせたくなってしまう。

 

 

そして、両方の意見を聞いているうちに、ぐちゃぐちゃな内面を抱えていたSMAPが必死で取り繕って見せてくれていた「虚像」を嬉々として眺め、愛した自分を情けなく思うようにもなりました。

 

そりゃそーだ、客観的にみたら40歳すぎの親父集団の不気味な集まりなんだから。

 

もともとそんなに仲良しこよしじゃないけど、ビジネス仲良しだけれども、それでも楽しいグループ。逆に人間関係ってそんなもんでしょ、って感じが真実味があって最高にいい仲間に思えた。

 

だからこそ稀にこぼれ落ちてくる「絆」めいたメンバー愛や信頼関係を垣間見ると、狂喜乱舞してしまう。

仲が悪いと言われるツートップ、中居と木村のそれなどは、まさに大好物だった。

(それっぽい画像だけで・・たまりません!)

 

人間関係は微妙なバランスの上になりたっていて、崩れやすいのは百も承知。友達や恋人はもちろん、家族だって夫婦だって、長年連れ添って仲良しそうだって、実は全然違ったとか、ささいな事で崩れ去るってよくある話。幸せそうに見えたって、本当の事は本人たちにしかわからないってのは、多くの人が経験している事。それでもめげずに、何度も作り直して、綻びを直して一生懸命関係を続けているのです。

 

だからこそ、SMAPの虚像を信じたかった。

 

もろくて今にも崩れそうだけど、でも繋がっていられる。何度壊れかけようとも、結び直してきた。個性をそのままに出して、バラバラなようでも、あえてそのままでいい。それもいい味。そんな人間関係の理想のモデル。だからこそ今回のショックは富士山崩壊級。

 

 

あっ、これも崩れるんだっていう。

 

 

 

 

今更、不自然にライブなんてやらなくていいし、まして無理に続けてほしいとは1ミリも思わない。

 

 

 

でもね、時折映像を見ると未だに泣けてきます。

彼らが好きでしたから。

 

STAY


『STAY』SMAP  投稿者 nnkimmshi-8

 

 

 

やっぱり大好きでしたから。

 

 

「虚像」な部分も相当あったでしょう。

でも真実の部分も多かったからこそ、このグループは多くの人たちに愛されてきたんだと思います。

 

 

  • 2016.10.13 Thursday
  • 09:30