Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

エンタメ(本・芸能)・ファッション

つよぽんの堀越賞に感動

年末のさんまスマップでこんな逸話が披露されました。

つよぽんが、堀越学園を3年間皆勤、卒業時に皆勤賞を授与された。海老蔵さんからの振りで、学園では都市伝説として伝えられているとのこと。これは堀越賞といって学業優秀、品行方正の卒業生10人に贈られる堀越学園高校独自の特別な皆勤賞表彰。


先日のスマスマでエレキテルの中野さんも言ってましたが、すごすぎるんです、これ。


 

あれ以来、つよぽんを見る目が変わりました。

めっちゃ感動しました


 

皆勤賞って、大したことないような気がします?

いやー、ただの皆勤賞じゃないんです。つよぽんの皆勤賞は!

高校生のつよぽんは既にジャニーズ入りしていて、既にスマップ。だからめっちゃ忙しいのにどうやって休まずに学校に通ったか、そんな激務アイドルが休まずに行くなんてえらすぎる!っていうんじゃない。むしろ逆なんです。

ど暇なつよぽん、仕事もない。予定もない、友達もいない。

そこが凄い!

言わずと知れたタレント学校、堀越学園において、仕事が忙しくて学校を休むというのは一つのステイタス。仕事がなくても忙しいふりをして、学校をずる休みするのが一般的なタレント学生。よくありますよねーそういうの。忙しいふりを装う人々。そんな中、通学中にキャーキャー言われるほかのタレントの子や、仕事の合間に学校にくる売れっ子たちを横目で見ながら、思春期の高校生はどれだけの劣等感と悔しさ、惨めさを味わっていたことか。

普通なら、休んじゃうよね学校なんか。少しでもいいカッコしたくて、自分を偽ってよくみせようとするよね。大人でも忙しいふり大好きなんだから、年頃の子ならなおさら。

それなのに、そんな惨めさに打ち勝ち、周りの目にもめげずに3年間通い切ったつよぽん。友達もいないなか、休まず学校に通うなんて、どんだけ凄まじい精神力なんだろう。もはや修行としか思えない。

海老蔵も驚いていましたが、木村もすっごく驚いてました。さすが拓哉、事の重大性にお気づきか。尋常じゃないってお気づきか。剛は涙目になってたなぁ。きっと辛かった当時を思い出してたんだろうなー。ほんと今、成功してよかった。

つよぽんの強靭な精神力に心底震えましたね。お酒事件後の彼の姿もすごいなぁって思ってたけど、昔からすごい強い人だったんだね。ほんと尊敬する。

できない、普通の人には真似できない。

この年になっても、未だに周りの目を気にして、必死に自分の虚像を演じながら生きてる自分が情けなくなる。なんて弱いんだ私。なぜ偽る?

人の目を気にして振舞う、そういうタイプじゃないって思ってるくせに力いっぱい気にしてるよね??

あー、もう。

自分に喝!

しかし、どうして人って暇だと思われるのが嫌なんだろうね。

いつからそういう価値観になってんだろ?

みんな忙しいフリ・・・・したがる。

ほんとは暇ってすごくありがたいことなのにね

  • 2015.01.21 Wednesday
  • 09:25

人物

羽生結弦は鶴〜!


羽生結弦はもう、

 

白鳥か鶴にしか見えません!!


 

いやー、なんて言ったらいいか。もはや人間には見えません。

相当鳥っぽい。たぶん鶴。

私、特に彼のファンでもなんでもなかったのですが、偶然今日のスケートを見てしまいました。特に見るつもりもなかったけど、ほんと偶然。

そしたら、びっくりな展開がぁ!!!

羽生くんが血だらけ?・・・頭にすごいの巻いてる・・・何事!?

中国の選手と激突したとかで、あちこちめっちゃ痛そう・・しかもフラフラで脳震盪っぽい。

相手の選手も最初、棄権って言ったけど、結局でましたが、もうヨレヨレ。

中国の選手も相当なダメージなんでしょうけれど、羽生くんのがひどそうでした。

しかーし。

羽生くん、激突後に氷上で倒れてる姿の美しさに絶句。

不謹慎とは思いつつ、

私には、もう瀕死の白鳥?手負いの真鶴?にしか見えない。

会場のみなさんはさぞや凍りついたと思いますが、テレビの前も凍ってました。

きっと相当危険な状態なんでしょうに、出場。

案の定、瀕死の鳥がもがくようなスケーティングで転倒しまくりです。



もうーやめてー!!!!!



とテレビ前にて絶叫。

ほんとに後遺症とか心配で、またどっか打っておかしくなったらどうするんだよ!!と憤りつつ、目が離せない4分半。

終了後には、山のようなプレゼントの投げ入れと拍手、歓声。

丁寧に答える羽生くんですが、帰り際のフラフラ具合が限界超を如実に表す。



 

死んでまうやろー!!!誰か抱えろ!!!




と叫びつつ、採点待ちエリアへなだれ込む彼を見守る。

もう、採点なんかどーでもええ!!もう、ほんとに何点でもええ!!!!

と思っていたら、まさかの高得点。

驚き喜ぶ羽生くんでしたが、すぐに涙がこぼれ、顔をおおってしまう彼。

いったいどんな思いで・・・。

また号泣!!

採点が、そういう温情でなされてよいのか、とかヨレヨレで生命の危機のなか出場させていいのか、とか色々つっこみどころはあるでしょうけれど、めっちゃ感動。。。真央ちゃんのオリンピックを思い出しました。あれもめっちゃ感動して泣いた。無条件の心の震えを感じました。

完全理屈抜きの世界。

彼の底知れぬ力強さと美しさにノックアウトされました。

賛否両論あるでしょうけど、そんなのどうでもいいと思える衝撃。

今日からゆづる呼ばわり致します。

また、美しく飛ぶ日を待っています。

どうかどうか、ゆっくり休んで。元気になりますように。。。

心からお祈りしてます。

  • 2014.11.08 Saturday
  • 23:01

エンタメ(本・芸能)・ファッション

明日海りお@スマスマ

昨日、スマスマを見てたら、最後に宝塚いっぱいでてきて驚いた。

もしかして SMAPとコラボで竹の塚歌劇団(^_^;)やってくれるのかと思って期待してたけど、ちょっと違った。


でも

最初にエリザベート?歌ってた、男役の人




すごいかっこよかったのでびっくり

恐らく明日海りおさん??





最後のエンディングトークで、化粧とる(普通の化粧になる)と可愛らしい感じの女性なので、ほんとにそうかよくわかりませんが、なんとなく雰囲気で彼女が主役っぽかったので


明日海さんなのかと。

この写真あってます??

全く宝塚に知識がない私ですが、



友人の娘さんが激宝塚ファンで、この人のやってる「エリザベート」ってやつのチケットをめっちゃ探していたので、ああ、これかーと見ておりました。すごいプレミアチケットになってるとかで・・・。ちょうど、SMAPのドームチケットをとろうと血眼になっていたので、同じようにチケットとりに苦戦している彼女の話が印象に残ってて、ピンときました。

最初の歌で、SMAP5人をダンサーに従えて一人堂々と熱唱。しかも強烈なオーラとすごい色気。木村と二人で見つめ合っても負けない眼力を発してて、この人は大スターになる人なんだなぁって思いました。既にそういう存在なのか??だからスマスマにでてるんだよね、失礼しました〜。

しかし、あのメイクはすごいな。どうやったらあれできるんだろ?やれるもんなら参考にしたい。もちろん、メイクだけじゃないんだろうけど、あのメイクしてる彼女はSMAPよりカッコよくて、正直負けたと思いました(^_^;)歌はもちろん、立ち姿負けるとは!!オーラ負けとは!!うーん、すごいな彼女。

でもトークは全然負けてなかったよ、SMAP!!素顔が素敵なSMAPなんだよぉ!

パンケーキ食べて遅刻してんじゃない!って絶対事前にネタ仕込んできたよね、これ。

いやいや。

バラエティですからスマスマは。仕込みは当然ですよね、中居さん?

とにかく

ファンでない私がみても、圧倒される魅力に敬服しました。

  • 2014.10.07 Tuesday
  • 10:46

生活全般・買い物・商品・リサイクル

本物だけが放つ特別なオーラをまとう。憧れのグランドセイコー

 

グランドセイコーって時計がすごく欲しいのです。

 

っていうか手に入れる!

 

 

パンフももらってきました。めっちゃ格好いい〜渋い〜

 

そしてターゲットには丸印。この金色のやつ。


 

 

 STGF022 綺麗な画像はこちら。

すごいでしょ、この半端ない厳かな輝き。
ゴールドなのに、謙虚な品がある。


こっちの金が入ってないのもイイ。

 

 


どっちも超素敵だぁ

このセイコーのハイグレードなシリーズは、なかなか全部みることができないのだけれど、銀座の和光でフルラインナップ揃えていたので、じーっくりとみてやりました

 



そして、勇気を出して店員に声がけをして。



実際に腕に装着き




吸いつくようなフィット感と適度な重さ、適度な圧。

 

カタログでみるより、何倍何倍も素敵でした。

 

高いけど、確かに高いけど、
 

 

これが欲しい。

 

一生大事にする。



そう思わせる圧倒的な存在感。

私にはシャネルやロレックスより、断然国産のが似合うヽ(´▽`)/
値段の問題じゃない、気持ちの問題。

日本の伝統的メーカーの、職人気質が伝わる。日本人の誇りを感じる。

ぱっとみてわからなくてもいい。

分かる人にだけ、そっと気づかれる。そして深くうなずき共感を喜ぶ。

私らしく生き続けるために、私と共に、グランドセイコー。

あー、もうコマーシャルできそう!


 

なんとの無駄のない質実剛健な感じがいい。それでいてすごく美しい。

間近でみると吸い込まれるように美しい。

 

特に

ゴールドの入ってるのは、他のやつの何倍も美しかった。

 

前に使ってたシチズンのエクシードもすっごいシンプルで気に入っていたが、訳あって紛失。どのような理由であれ、私から離れていった。長年使っていたし、これからも使うつもりだったけど、去っていったものは追うまい。
 

 

早く私の腕においで。



ネットで買うとほーんのちょっと安いっ!

でも、できれば和光で定価でちゃんと買いたいです。


憧れのグランドセイコー

 

日本の職人技の最高峰。

日本の誇りを身に付けたい。

  • 2014.06.23 Monday
  • 14:02

エンタメ(本・芸能)・ファッション

イヤな気持ちを消す技術


苫米地さんの本は、正直当たり外れが大きい!
苫米地ファンの皆様そう思いませんか??



これは、久々の大当たりではないかと思っております。



実は速読の私は一度本屋で立ち読みで読破済(^_^;)でした。
でも、これは手元に置いて何度も読み返したいと思い購入。


期待を裏切らない良書です。


いろーんな側面からのアプローチが書いてありますが、私が一番心に残ったのは、
怒りについての考え方のくだり。



基本怒りというものは、自分の期待や想像、思いに反した出来事を目の当たりにすると反射的に湧き上がる感情。

なので、そこをクリアしてあげると収まるという。


ちょうど、自分も職場の人間関係でちょっとイライラが続いてモヤモヤしていたので、非常によく当てはまりました。

自分の期待に反した、想像とは違ったリアクションを相手がとるという、ただこれだけのことで、恐ろしく怒りって湧いてくるんですよね。そう言葉にすると大したことないのに、不快な感情に見事に振り回されてしまってました。簡単に我を忘れて相手を呪う気が湧いてしまう。

普段、温厚?な自分でもこんなもんかとびっくりでした。

そして、そんな気持ちをどうやって静めるか。



それは


相手を責めるのではなく、自分を責めること。


他人のせいではなく、自分のせいにすること



なんで??と思われる方もいるでしょうけど、要はこういうこと。


自分に全く非がないのに、相手がひどい態度をとったと。自分は素晴らしくプラスの評価を付与したにもかかわらず、相手がプラスではなく、マイナスの評価をしてきた。そうすると、その分の差が怒りを呼ぶ、ということ。

その差が大きければ大きいほど、激しい怒りとなる。

同じ態度、言動を、どうでもいい相手にされた場合と、自分が信頼していたり評価したり、世話をしてあげたりして恩があるであろう相手がした場合とでは、怒りの度合いは異なる。


ということで、その差を縮めるようにしてあげると、怒りのレベルは一気に下がる。

ではどうやって、差を縮めるかというと、自分の非を大きくすることによって、相手の非との差を縮めてしまうのだ。



なるほど!


ということで、早速自分に当てはめてみた。


私の場合はですね〜。とある職場の人に対して悩んでおりました。


いい人だと思って礼を尽くしてきたし、普段から丁寧に接して何もこちらに非はなかったはずなのに、私に対してだんだんと酷く冷たい態度をとってくるようになった。最初は気にしないようにしていたが、毎日繰り返されるうちに、じわじわと怒りが募って、なんだか許せなくなってきていた。仕返しして、懲らしめて、分からせてうやりたい!

感情を封じ込めて抑えているうちに、どんどん悪化してくる。仕事に行くのも憂鬱・・。
こんな日々が続いてしまってました。


で「イヤな気持ちを消す技術」を活用。


自分の非を探して自分を責めて見た♪♪


1)礼を尽くしてきた→相手には伝わってない。もしくは返って迷惑、苛立たせたりしていた。
2)丁寧に接した→打ち解けない態度と認識された
3)いい人だと思った→人を見る目がなかった。ポジティブに見ようとしすぎて、実は結構いやなやつの要素が沢山だったのに、自分の保身のために見えないフリをしてしまって「いい人」のレッテルを勝手に貼っていた。


こういう風に解釈を変えたら、驚くほどすっーともやもやが晴れました。特に効果を感じたのが3)の「人を見る目がなかった」「いい人とは勝手に貼ったレッテル」。最初にこんな人だろうって思い込むと、他の見方ができなくなって、盲点となっていたことに気づけたこと。

自分が高く評価している「いい人」に嫌われた、冷たくされたということが、自分の怒り、痛みの原因とわかった途端に、相手に対する怒りが消えました。自分でも不思議でしたね、この感覚。相手にこれだけよくしたんだから、こういう風に返してくれて当然っていう期待値の高さが怒りを招いた。なので、期待値をぐぐっと下げたところ、自然と怒りゲージもぐうっと下がってた。


普段から怒りやすい人っていうのは、自分の非を認める幅が少ないのかもしれません。

自分は正当なのに、という視点で物事を見ていると、小さなことでも「差」が広がりやすくなって、怒りゲージがあがってしまいそう。

なので、一段高いところに自分を登らせて「まだまだ修行不足であった」と思っているとイライラは確実に減りそうです。



  • 2013.06.30 Sunday
  • 16:02